見切り千両


見切り千両

見切り千両の意味についてまずご紹介します。

 

見切り千両とは、わずかな損にこだわらずに、ダメだと思ったらさっさと売ってしまえ(損切りしてしまえ)ということ。損は出るものの、見切ったことは千両にも値する価値があるという意味です。

 

管理人の解釈

 

見切り千両は短期投資でよく使われる格言かもしれませんが、この考え方は長期投資にも当てはまります。

 

人は誰しもが損は出したくありません。なので、損が出てきたとしても売ることはなかなか難しいことなのです。

 

ここで買うのは正しいと思って買ったので、損失が出ていても間違いを認められずにいずれ値が戻るだろうと思ってさらに損失が膨らんだ経験はありませんか?

 

また、あなたの周りでもよく”売らなければ損ではない”と言う言葉を聞きませんか?確かに売らなければ損は確定しませんが、『含み益は幻、含み損は現実』と言う格言もあるように、損失には変わりないのです。

 

なので、自分の判断が間違っていると思ったら素直にそのトレードに見切りをつけて、もう一度仕切り直すべきでしょう。

 

長期投資と言うと長期で保有することが前提になっているのでなかなか売る判断がつきづらいですが、判断を間違えてしまうと長期にわたって損失を抱えてしんどい思いをすることになります。また、機会損失にもつながります。

 

間違ったと思ったら『見切り千両』の格言を思い出し、思い切って売却するといった判断も必要でしょう。

 

⇒ 相場格言関連書籍一覧はこちら

スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

人の行く裏に道あり花の山
人の行く裏に道あり花の山
幸運の女神がドアをノックしたら、すぐにドアを開けよ
幸運の女神がドアをノックしたら、すぐにドアを開けよと言う相場格言を、長期投資家の観点から考えてみました。
当たるも相場、当たらぬも相場
当たるも相場、当たらぬも相場
まだはもうなり、もうはまだなり
まだはもうなり、もうはまだなり
命金には手をつけるな
命金には手をつけるな

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて