幸運の女神がドアをノックしたら、すぐにドアを開けよ


幸運の女神がドアをノックしたら、すぐにドアを開けよ

幸運の女神がドアをノックしたら、すぐにドアを開けよ

 

相場格言に『幸運の女神がドアをノックしたら、すぐにドアを開けよ』と言うものがあります。

 

また、この格言と似た言葉に『幸運の女神は前髪をつかめ』と言うものもあります。

 

どういった意味かと言いますと、幸運は訪れても一瞬だからそのチャンスを逃さずに掴めということです。

 

幸運の女神は気まぐれであり、そのチャンスを逃すとすぐにどこかに行ってしまうということですね。

 

あなたもこういった経験はありませんか?転機が訪れたのに、そのチャンスをつかんだほうがいいのかそれとも今回は見送ればいいのか悩んでいるうちにその転機がどこかへ行ってしまったなんてこと。

 

未来のことは誰にもわからないので、確かにそのチャンスをつかんでいいことがあるのかわからずためらってしまうこともあるでしょう。でも、そのチャンスを逃したら二度と同じチャンスは廻ってこないかもしれないのです。

 

長期投資家も同じ

 

長期投資家も同じです。

 

突発的な出来事で株価が暴落したとき、また、市場価値と比べて明らかに株価が安い時は迷わずその株をつかむことも必要です。

 

迷っているうちに株価が上がってしまって仕込み損ねることもあります。

 

それとは逆に、今まで長い間保有しているからと愛着がわいて売るに売れないといったこともあってはいけません。何かその株、保有している会社がトラブルに巻き込まれたらすぐさま対応することが必要です。

 

長期投資だから判断も遅くていいでしょ?ゆったり構えていればいいんだ!と言ったスタンスでは、いざと言うときに重大な判断ミスをしてしまうこともあります。

 

ドアを開けるためにすること

 

すぐにドアを開けるためには、事前にしっかりと準備しておく必要があります。

 

ぼーっと座ってる、寝てるとせっかくドアがノックされても対応できません。

 

常に自分の投資スタイルにあった、理想とする株・会社の条件に合ったものを探す、または、保有している株に対するスタンスを明確にしてノックを待つ必要があるのです。

 

⇒ 相場格言関連書籍一覧はこちら


スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

人の行く裏に道あり花の山
人の行く裏に道あり花の山
見切り千両
長期投資家のための相場格言集|見切り千両
当たるも相場、当たらぬも相場
当たるも相場、当たらぬも相場
まだはもうなり、もうはまだなり
まだはもうなり、もうはまだなり
命金には手をつけるな
命金には手をつけるな

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて