セゾン投信の徹底レビュー

セゾン投信の徹底レビュー

セゾン投信は”日本でも本物の長期投資を実現させようとの想い”から生まれた、本当の長期投資を目指す投資信託です。

 

近年は通貨選択型であったり、毎月お金のもらえる毎月分配型タイプ(運用している資金を取り崩しているに過ぎない)の投資信託がもてはやされました。なぜなら、定期的に分配金がもらえるということで投資する側はお得感が得られる一方、販売会社側も売りやすかったためです。

 

そうした中、セゾン投信は売りやすい商品になびくことなく愚直に販売・運用を続けてきました。その結果セゾン投信の口座数は増加し続け、2014年7月14日に7万口座を突破しています。

 

口座数推移(2014/07/14現在、NEWS RELEASEより)

 

セゾン投信の徹底レビュー

 

リーマンショックなどがあり相場状況が思わしくない中、着実に増加。それだけ信頼感を得ることができているということですね。

 

ちなみに同社のアンケートによりますと、86.4%もの人が家族や友人に紹介したいと回答したようです。

 

また、資産形成層の利用率が高いのも特徴の一つです。

 

年齢別の口座開設率(2014/07/14現在、NEWS RELEASEより)

 

セゾン投信の徹底レビュー

 

なお、通常の投資信託は運用会社と販売会社は別なのですが、セゾン投信は自分で販売もする独立系の直販ファンドであり、その分コストを低く抑えることが可能です。

 

そうした点も多くの支持を受けている要因と言えますね。

 

▼ 月々5,000円から始める長期投資。セゾン投信

 

投資信託|セゾン投信

 

セゾン投信は少数精鋭(2種類だけ)

 

セゾン投信が取り扱っているファンドは『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』と『セゾン資産形成の達人ファンド』の2種類のみと少数精鋭です。以下、各ファンドのデータ。

 

1 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

 

『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』の3つの特徴

 

@ 国際分散投資

 

このファンドで、世界30カ国以上の株式10カ国以上の債券に投資することが可能。なお、株式と債券の投資比率は50%ずつです。

 

A 低コスト

 

短期間で見ればその違いはわずかでも、長い目で見るとその差はとてつもなく大きくなります。なので、投資する際はなるべくコストを低く抑えるのがセオリー。そうした中、このファンドは年間のコストが1%を切っています

 

 

販売手数料:0%
信託報酬:0.74%±0.03%/年(税込/概算) ※変動する場合有
信託財留保額:0.1%

 

 

販売手数料はないので、購入するときにコストは発生しません。このようなファンドをノーロードファンドと言います。

 

また、運用するうえで毎日発生するのが信託報酬ですが、年間で1%を切る水準となっています。最後に信託財留保額ですが、これは投信を解約するときに発生するコストです。

 

B バンガードのインデックスファンドに投資

 

世界最大級の投信会社であるバンガードのインデックスファンド8本に投資しています。つまり『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』は、ファンド・オブ・ファンズと言うことです。

『投資対象』
1.バンガード・ジャパン・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド
2.バンガード・ユーロ・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド
3.バンガード・U.S.・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド
4.バンガード・エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド
5.バンガード・パシフィック・エックスジャパン・ストック・インデックス・ファンド
6.バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンド
7.バンガード・ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド
8.バンガード・U.S. 500 ストック・インデックス・ファンド

投資対象ファンドの資産配分比率は市場の時価総額の変動に合わせ、月1回見直されます。そのためゆがみが出づらく、リスクと(期待)リターンを適正に保つことが可能となっています。

 

『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』のパフォーマンス

 

運用成績(基準価格騰落率、2014/7/31現在)は下記の通りです。

 

1カ月 +1.48%
6カ月 +6.29%
1年 +15.56%
3年 +56.15%
設定来 +19.47%

 

また、定期積立プランで購入した場合の平均取得単価と損益(2014/7/31現在)は下記の通り。

 

期間 平均取得単価 損益(%)
1年 11,273円 +5.98%
3年 9,015円 +32.52%
5年 8,496円 +40.62%
設定来(2007/05〜) 8,506円 +40.45%

 

※詳細はセゾン投信のホームページでご確認ください

 

⇒ セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの評判・口コミ・評価を検証!

 

2 セゾン資産形成の達人ファンド

 

『セゾン資産形成の達人ファンド』の3つの特徴

 

@ 厳選した企業の株式(日本を含む)に投資

 

ファンドオブファンズ形式で、投資対象の選定条件として長期的な視点で運用されていることなどが挙げられています。

 

A 世界に幅広く分散

 

2013/12/31現在で、地域別の投資比率は下記の通り。

 

北米:42.7%
欧州:28.3%
日本:17.1%
太平洋(日本を除く):0.6%
新興国:11.3%

 

新興国の割合は低く、先進国変調ですね。また、日本にも投資をしています。

 

投資割合から見ると、安定したパフォーマンスを志向しているように見えますね。

 

B 長期運用(目先の動きにとらわれず、腰を据えて運用)

 

短期的なパフォーマンスを追わず、長期的な資産形成を目指しています。

 

運用方法

 

『条件に合うファンドの選定⇒投資対象の組み入れ比率の決定⇒ポートフォリオの構築』と言う手順です。

 

上で紹介した通りファンド・オブ・ファンズ方式で、投資対象は以下の通り。

『投資対象』
<米国>
・バンガード米国オポチュニティファンド
・T. ロウ・プライス 米国大型グロース株式ファンド
・T. ロウ・プライス 米国大型バリュー株式ファンド

 

<欧州>
・ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA<適格機関投資家限定>

 

<日本>
・スパークス・集中投資・日本株ファンドS<適格機関投資家限定>
・スパークス・長期厳選・日本株ファンド<適格機関投資家限定>
・コモンズ30ファンド<適格機関投資家用>

 

<新興国>
・ニッポンコムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンドSA<適格機関投資家限定>

 

<国内外の株式と債券に投資するファンドについて>
・TMA長期投資ファンド<適格機関投資家限定>

 

<債券に投資するファンドについて>
・T. ロウ・プライス グローバル・アグリゲート債券ファンド

投資対象ファンドは変更されている場合もあるため、詳しくは同社のホームページでご確認ください。

 

コスト

 

販売手数料:0%
信託報酬:1.35%±0.2%/年(税込/概算)
信託財留保額:0.1%

 

コストとしてはすごく安いとは言えませんが、アクティブファンドとしてはこれくらいかな?と言ったところです。

 

『セゾン資産形成の達人ファンド』のパフォーマンス

 

運用成績(基準価格騰落率、2014/7/31現在)は下記の通りです。

 

1カ月 +1.05%
6カ月 +7.91%
1年 +21.80%
3年 +91.48%
設定来 +36.26%

 

また、定期積立プランで購入した場合の平均取得単価と損益(2014/7/31現在)は下記の通り。

 

期間 平均取得単価 損益(%)
1年 12,683円 +7.44%
3年 8,875円 +53.53%
5年 7,993円 +70.48%
設定来(2007/05〜) 7,681円 +77.41%

 

※詳細はセゾン投信のホームページでご確認ください

 

2つのファンドの共通事項

 

設定以来無分配を維持。税金の支払いが発生しないため、ロスなく運用が可能。長期投資向きです。

 

また繰り上げ償還ですが、運用は原則無期限のためありません。ただし、受益権の総口数が10億口を下回った場合等には、繰上償還をする可能性ありとのことです。

 

セゾン投信での運用に向いている人

 

まずはセゾン投信について改めて整理しておきましょう。

 

  • 1つのファンドで世界分散投資が可能
  •  

  • 給与が振り込まれる銀行口座から自動で積み立てが可能
  •  

  • 無分配で効率的に運用できる

 

上記のような特徴(強み)があります。なので、将来に対して不安で預貯金だけでいいの?とは思うものの、投資対象を探したりするのが面倒と言う人におすすめです。

 

また、今まで投資に振り回されて上手くいかなかったという人にもおすすめ。

 

絶対に儲かるという保証はありませんが、振り回される時間がなくなりますし、また儲けたいという思いが強くなっていろいろ手を出してしまい逆に損が出て拡大するといった事態を招く心配はありません。

 

腰を据えた投資が可能になるということです。

 

どちらのファンドを買えばいいの?

 

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとセゾン資産形成の達人ファンド、どちらを購入すればいいのか悩んでいる方もいるでしょう。

 

結論から言うと、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドだけで十分資産形成になります。

 

繰り返しになりますが、株式と債券の両方、そして先進国・新興国にバランスよく投資するタイプなので、こちらのファンドが基本です。

 

そのうえで、プラスアルファのパフォーマンス・利回りを狙っていくというのであれば、セゾン資産形成の達人ファンドも追加で購入していけばいいでしょう。

 

セゾン投信の購入方法

 

※直販投信なので、証券会社では購入できません

 

まずは資料請求して、セゾン投信に口座を開設する必要があります。なお、資料請求では名前や住所、電話番号のほかにパスワードの設定も行うので、事前に用意しておきましょう。

 

また、特定口座の源泉徴収有か無し、もしくは一般口座の選択肢がありますが、基本的に特定口座の源泉徴収有を選択すれば問題ありません。

 

特定口座の源泉徴収有を選択することで運営会社が売買損益の計算などをやってくれますし、確定申告も必要ないので手間がかからないので、だいたいの人がこのパターンを選択しています。

 

では具体的な購入方法ですが、実は2種類あります。

 

@ スポット購入

 

スポット購入とは、好きな時に好きな金額分購入する方法です。

 

セゾン投信の場合は10,000円以上1,000円単位で購入可能です。

 

例えば市場がクラッシュして大幅に下がった時などに行うといいでしょう。

 

A 定額積立

 

定額積立は毎月一定の金額積み立てていく方法です。

 

5,000円からOKなので、強制貯蓄のようなものとして活用することもできます。また、ボーナス特定月には増額も可能。

 

なお、普段使っている金融機関の口座から自動引き落とし、毎月定額購入だから手間いらずで無理なく資産形成が可能です。

 

是非検討してみてください。

 

▼ 月々5,000円から始める長期投資。セゾン投信

 

投資信託|セゾン投信

関連ページ

セゾン投信の利回りは?セゾン投信のパフォーマンスを検証してみました
セゾン投信の利回りは?セゾン投信のパフォーマンスを検証してみました。セゾン投信への投資を検討しているけどパフォーマンスがどうなのか気になる、という人などは参考にしてみてください。
セゾン投信の気になる評判・口コミ・評価は?
セゾン投信の気になる評判・口コミ・評価は?セゾン投信は人気の投資信託ですけど、実際のところどうなのか検証してみました。
セゾン資産形成の達人ファンドの評判・口コミ・評価を検証!
セゾン資産形成の達人ファンドの評判・口コミ・評価を検証!
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの評判・口コミ・評価を検証!
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの評判・口コミ・評価を検証!
ひふみ投信の徹底レビュー
ひふみ投信についてレビューしました。直販投信で、理念をしっかりと持ったアクティブファンドです。ハイリターンを狙いたいけれど自分で運用する自信がないという人は検討してみてはいかがでしょうか?
ひふみ投信の気になる口コミ・評判・評価は?
ひふみ投信の気になる口コミ・評判・評価について調査してみました。ひふみ投信を購入してみたいけど、実際のところはどうなのか?気になっている人は読んでみてください。
ひふみ投信の組み入れ銘柄を分析してみました
ひふみ投信の組み入れ銘柄を分析してみました。参考までにご覧ください。
ひふみ投信とひふみプラスの違い
ひふみ投信とひふみプラスの違いについて調査してみました。
フィデリティ投信の徹底レビュー|評判や口コミ・評価も検証
フィデリティ投信の徹底レビュー|評判や口コミ・評価も検証
投資信託とは?その仕組みやメリットについて紹介します
投資信託は初心者にとって力強い味方です。そこで、本記事では投資信託の基本的な仕組み、投資信託を利用するメリットについて紹介していきます。
投資信託を選ぶときのポイント
投資信託を選ぶときのポイント
投資信託のメリット・デメリット
投資信託のメリット・デメリット
ETF(上場型投資信託)の基礎知識
ETF(上場型投資信託)の基礎知識
REIT(不動産投資信託)の基礎知識
REIT(不動産投資信託)の基礎知識

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて