長期投資家のための運用戦略

長期投資家のための運用戦略記事一覧

インカムゲイン積立投資法

投資収益にはキャピタルゲインとインカムゲインの2種類がありますが、ここではインカムゲインの増加を目指した投資手法について考えたいと思います。インカムゲインを重視するわけは?まず初めになぜインカムゲインを重視するのか?と言うことですが、インカムゲインのほうがキャピタルゲインよりも予測を立てやすいという...

≫続きを読む

高配当株に投資する上で押さえておきたいポイント

株を保有すると、保有企業から配当金(※無配当の企業もあります)を1年に1回(本決算)、または1年に2回(本決算と中間決算)、最近では1年に4回(四半期ごと)貰うことができます。その配当金を再投資していくことがこの高配当株投資の肝です。配当が更なる配当を生み出す、まさにスノーボール・複利の力を発揮する...

≫続きを読む

高配当ETFの分析・利回りの比較と使い方

配当狙いの投資家としては、株式やリートだけでなく、ETFにも目を向けたいところですね。実は、ETFの中にも高配当のものがありますし、高配当株に投資するタイプのETFもあるんですよ。高配当ETFについて勉強しましょうETFって何?まず初めにETFって何?という話ですが、ETFは上場型投資信託と呼ばれて...

≫続きを読む

配当貴族株銘柄のパフォーマンス

配当貴族って言葉を聞いたことはありますか?実はこれ、S&Pが出している指数の和訳なんだそうです。その名も「S&P 500 配当貴族指数」です。S&P 500配当貴族指数は、S&P 500構成銘柄のうち、過去25年間連続して毎年増配している優良大型株のパフォーマンスを測定している。この指数は各銘柄のウ...

≫続きを読む

配当狙いの投資戦略は有効?

配当狙いの投資戦略は有効かと聞かれれば、私は有効と答えたい。そこで本記事では、配当狙いの投資戦略の利点について3つ指摘します。価格変動に振り回されない配当を重視することにより、目先の株価変動には惑わされないようになります。短期的な株価の変動は、業績の見通しに変化がない場合、ほとんどが噂や投資家の心理...

≫続きを読む

キャッシュリッチ企業に増配余地あり

キャッシュリッチな企業とは、どのような企業のことを言うのでしょうか?答えは単純明快、借金がない又はあってもごくわずかな一方で、現金及び現金同等物(有価証券等)を潤沢に保有している企業のことです。具体的に書きますと、ネットキャッシュ比率=(現預金+有価証券−有利子負債)÷時価総額×100が大きいことが...

≫続きを読む

キャッシュリッチ企業はねらい目の投資先?

キャッシュリッチ企業って聞いたことがありますか?キャッシュリッチ企業とは現預金、またはそれに近いもの、つまりキャッシュ(いわゆる手元資金)を多く持っている企業のことです。また、キャッシュを多く保有している以外にも、金利を払う必要がある負債(有利子負債)をあまり持っていないという条件もあります。キャッ...

≫続きを読む

株で配当金生活を送るにはいくら必要?

株で配当金生活を送りたい、という人もいるのではないでしょうか。配当金生活、あこがれますよね。でも、そうは思っても実際のところ株で配当金生活が可能なのか疑問に感じるところもあると思うので、ここではその実現性などについて検討していきます。配当金生活のチェックポイント配当金生活をするために注意すべきポイン...

≫続きを読む

リートで分配金生活の基礎作り

リートは不動産投資信託のことでREITとも言われますが、分配金生活の基礎つくりとしても注目です。なぜなら、リートと言うのは不動産投資であり、不動産投資は定期的な家賃収入などが入ることで安定的な分配金の確保ができるためです。ミドルリスクミドルリターンでもあるので、株式だけの投資よりも安定性を得ることも...

≫続きを読む

配当金生活で避けるべき株

配当金生活では、配当収入を安定的に得ることが大切です。そのためには、配当金生活に適していない銘柄を知ることが重要なんですが、ここでは配当金生活で避けたほうがいい株について解説します。配当が安定しない株式やはり、配当金生活で避けるべき株は、配当の計算ができない株と言うことです。高成長株高成長株は利幅を...

≫続きを読む

配当狙いの銘柄選択で注意すべきこと

まず初めに、配当(インカムゲイン)と売買差益(キャピタルゲイン)はどちらも利益であると言うことができます。そのため、どちらによって得られた収益なのかで色を付けるべきではありません。その点を確認したうえで、キャピタルゲインよりもインカムゲインのほうがある程度予測がつきやすいこと、含み益という形ではなく...

≫続きを読む

減配する株の特徴

減配は配当を減らすことですが、この減配する株をつかむのは何とか避けたいですよね。特に、配当狙いの投資家としては、減配されたら痛いですから。そこで、ここでは減配する株の特徴についてご紹介します。減配する株景気循環の業界景気は定期的に上げ下げして循環しています。例えば自動車産業とか資源関連ですね。そうい...

≫続きを読む

資産バリュー株投資とは何か?

資産バリュー株とはそもそも何かと言いますと、会社の純資産から見て株価(時価総額)が安値水準にある株のことを指します。例えば、純資産が1億円あるのに時価総額が5,000万円というような状況です。また、仮に会社が事業の継続を今すぐ辞めた時に株主に配分されるお金ととらえても構いません。ちなみに配分されるお...

≫続きを読む

ボロ株のバルク買い投資

ボロ株のバルク買い(まとめ買い)という投資手法もあります。ちなみにボロ株とは、一般的に100円以下の株のことを指します。ボロ株は株価が非常に低い価格となっており、いわば誰からも見向きもされず、放置されたような状態になっているものととらえても問題なさそうです。さてそんなボロ株ですが、実はすごいポテンシ...

≫続きを読む

セクターローテーション戦略を用いて機動的な資産運用を実践!

セクターローテーション戦略とは米著名投資家であるジム・クレイマー氏が提唱した戦略で、景気循環などに合わせて投資するセクター(業種)を変更していくというものです。そうすることにより、好況の時でも不況の時でも投資するセクターを変えることで利益を上げようという戦略です。例えば、今後不況に陥ると予想すれば電...

≫続きを読む

コア・サテライト戦略とは何か?

コア・サテライト戦略とは、ポートフォリオをコア(核)とサテライト(衛生、積極運用)に分けて運用するというもので、リスクを抑えつつある程度のリターンを追求することを目的とします。もう少し噛み砕いて書きますと、資産を「攻め」と「守り」に分けて考えるというものです。コアについては長期的な視点に立ち、インデ...

≫続きを読む

損切り(ロスカット)はしなくていい

投資をしていると、損切り(ロスカット)をするべきかしなくていいのかという命題が必ず取り上げられますし、疑問に思うところだと思います。結論を言ってしまいますと、損切り(ロスカット)をする必要はありません。ちなみにここでいう損切り(ロスカット)とは、買値から下がってしまったから売るというようなものです。...

≫続きを読む

機械的なロスカットは必要なし

株式投資では、しっかりとロスカット(損切り)することが大切だと言われます。でも、実際のところどうなのでしょうか?絶対にロスカットをしなければいけないのでしょうか?また、機械的に、買値から○○%下がったら売るといった方法が推奨されることもあります。ロスカットは必要?まずロスカットについてですが、必要性...

≫続きを読む

ナンピン買いの流儀

ナンピンは絶対ダメと言う人もいますが、私はナンピンに対していいイメージがあります。ナンピンは長期投資家と相性がいいものだという見方をしています。とその前にナンピンとはそもそもなんなのかと言うことについてご説明します。ナンピンとはナンピンとは、自分の思惑に反し株価が下がっていった場合に新たに買い足して...

≫続きを読む

消費者独占力を持つ企業を探す

消費者独占力を持つ企業とは、強力なブランドや、使い続けなければいけない商品、また基本的に消耗品を扱っている企業のことを指します。ちなみに、長期投資家として有名なアメリカの著名投資家ウォーレン・バフェット氏が好んで投資する企業には消費者独占力を持つ企業が多いです。有名な企業でいえばコカコーラなんかがそ...

≫続きを読む

好業績内需株を狙う投資術

内需株とは、日本国内での事業が中心の業種のもので例えば電力であるとかガス、その他に小売業があります。またその他にも、物流や建設業、不動産も当てはまります。内需株の特徴は、為替相場の影響が輸出産業と比べて軽微であるということです。もちろん、円安になったりすれば、仕入れコストの上昇などで影響は受けますが...

≫続きを読む

【投資家向け】介護業界の関連銘柄分析

日本は少子高齢化、そして今後もその流れは大きくは変わらないというのが現状です。そのような動きの中、長期投資の対象として介護業界の企業にも注目してみてはいかがでしょうか?以下にいくつか介護業界の企業をピックアップしておきます。有料老人ホーム光ハイツヴェラス(2137)メッセージ(2400)ロングライフ...

≫続きを読む

複利の力で資産を増やす

運用しているのであれば知っておきたい複利の力ですが、ここでは、単利と複利の違いをご紹介します。単利と複利?単利と言うのは、例えば100万円の元本があったとして、それを運用して毎年10万円もらうようなものです。つまり、元本を年利10%で運用した場合、毎年その10%分が発生するということ。一方複利と言う...

≫続きを読む

買値で配当利回りを計算するメリット・デメリット

投資パフォーマンスを管理する方法の一つとして『買値で配当利回りを計算』すると言う方法もあります。これは文章のままですが、少し具体的な話に落とし込んでみましょう。配当利回り仮に1株1,000円の株が10円の配当を出していたとしたら、配当利回りは1%となります。その株が1株あたりの配当を100円にした場...

≫続きを読む

ニッチの意味、投資家が狙うべきニッチ企業

ニッチという言葉の意味をご存知ですか?最近ではよく使われているので、知っている人も多いかもしれません。ニッチとは直訳すると隙間・くぼみと訳されます。また、もともとは生物学でその生物のポジション、生態的位置という意味があるようです。さて、このニッチという言葉ですが、企業分析をしているときに聞いたという...

≫続きを読む

なんとなくの投資から抜け出すために!投資ルールの作り方

あなたの投資ルールはなんですか?私の場合は短期投資家ではないので○○%値上がりしたら売るとか、RSIが○○%になったら買うとかそういったルールはありません。ただ具体的な売買方針はないのですが、概念的な投資ルールはあります。私の投資ルール例えば短期投資家であれば、これこれこうなったらこうするといった細...

≫続きを読む

株式投資ではリスクマネジメントが重要

株式投資において何が一番大切ですか?お金をたくさん稼ぎ出すこと?いいえ違います、実はお金を儲けるよりも損を出さないことのほうが重要なのです。例えば100万円で運用を始めたとして、100万円を110万円にする場合の利回りは10%です。それがもし90万円に減らしてから110万円にするのなら利回りが22%...

≫続きを読む

長期投資はテクニカル分析を無視してOK?

株価は、目先は思惑であったり噂などで変動しますが、長期的にはファンダメンタルズに収束していくと言われています。なので、長期投資家であればテクニカル分析は使わず、ファンダメンタルズだけで十分との見方もできます。でも、実際のところはどうなのでしょうか?ここでは、長期投資にテクニカル分析を使う必要があるの...

≫続きを読む

テンバガー(10倍株)の見つけ方と過去の大化け銘柄【まとめ】

テンバガーは投資家であればだれもが憧れてるんじゃないかな?と思います。株式投資の大きな魅力ですよね。そこで、ここではテンバガーとは何か?ということから、その探し方・見つけ方まで解説していきます。テンバガーで資産倍増テンバガーを見つける・手にすることができれば、パフォーマンスを劇的に上昇させることがで...

≫続きを読む


トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて