投資の勉強

投資の勉強記事一覧

ピーター・リンチ氏の投資術

ここでは、私が尊敬しているピーター・リンチ氏の投資術について紹介します。ピーター・リンチ氏のプロフィール生年月日:1944年生まれ1977年からマゼラン・ファンドで運用を行った人物で、13年間運用に携わっていました。また、マゼラン・ファンドの資産は当初2,000万ドルでしたが、その資産を140億ドル...

≫続きを読む

逆利回り革命とは何か?

情報元:東京証券取引所、財務省<日本の将来の問題>・政府債務が巨額になっている・少子高齢化・新興国との競争激化・貿易赤字の拡大、将来的に経常収支が赤字に転落する見通しその他にも様々な問題があり、日本株は長らく脚光を浴びて来ませんでしたが、2012年末以降はアベノミクスにより、株価が上昇してきておりま...

≫続きを読む

いくらから資産運用を始めるべき?

まず初めにいくらから資産運用を始めるのか?という話の前に「生活防衛資金」についてお話ししたいと思います。生活防衛資金って何?「生活防衛資金」とは、その名が表わす通り生活を守るためのお金のこと。世の中何が起こるかわかりませんので、不測の事態(リストラや病気など)に備えて最低限の準備はしておきましょう、...

≫続きを読む

Jリートの種類をチェック!

Jリートには投資対象とする物件により運用の種類が異なります。そこで、Jリートの種類・区分についてそれぞれ確認していきます。@オフィス系(オフィスビルが主体)景気動向により、賃貸相場のほか空室率も影響を受けやすいため、安定性に欠ける。空室率を確認しながら、低下傾向であれば購入するなどの対策が必要です。...

≫続きを読む

株で儲かる人、損する人

株で儲かる人、損する人の特徴について考えます。株で儲かる人の特徴・株の売買は下準備が大切、買う前にしっかりシナリオを考えている株の売買は下準備が大切であり、とりあえずテキトーに買ってからしっかり考えようと思ってもあまりうまくいかないことのほうが多いでしょう。米著名投資家のピーターリンチ氏も、投資では...

≫続きを読む

投資の勉強は投資しながらやる

投資を始めてみようと思っても、何からやればいいのかよくわからない・・・私も投資を始めたころは何から手を付けていいのかよくわからず、いろいろ試行錯誤したものです。ちなみに、株式口座を開く前に初心者向け雑誌のダイヤモンドZAIで1年くらい勉強してました(汗)それでも、実際に投資を始めてみると机上で学んだ...

≫続きを読む

偉大なる投資家たち

株式投資を勉強していく中で、著名な投資家と出会うこととなるでしょう。そしていろいろ学んでいく中で、この人はと思える師匠のような存在に出会うはずです。そのためにいろいろな本を読むということも大切ですが、本記事では私が知っている偉大な投資家たちをご紹介し、そうした出会いの橋渡しができればと思います。ピー...

≫続きを読む

企業分析力が身につく本、8冊

投資家にとって投資しようとしている(既に保有している)企業が今どの状態なのか、投資しても大丈夫か、成長性があるのかなどを知ることはとても大切なことです。そのために大切なのが企業分析力です。また、巷には掲示板の噂話やアナリストレポートなど実に様々な情報がありますが、それらをうのみにしていてはいつまでた...

≫続きを読む

投資家必読の本、8冊

株式投資で成功するためには誰かの推奨銘柄であったり、アドバイスをそのまま鵜呑みにしないことが大切です。また、投資はあくまで自己責任。自分のミスは自分に返ってきますが、もちろんうまくいけばそれも自分に返ってきます。自分のお金は自分が責任を持たなければいけないので、しっかり自分の責任の元自分で考えて判断...

≫続きを読む

初心者が陥りがちな投資の失敗パターン

投資で成功するぞ!と意気込んだのに上手くいかない、うまくいっていると思ったら大きく損失を出して転落してしまった、なんてことはありませんか?ここでは、投資初心者が陥りがちな失敗について解説していきますので、参考にしてみてください。投資初心者の失敗とは?投資スタイルがフワフワしている投資を始めたころはと...

≫続きを読む

過去の株式市場の暴落を勉強する

株式投資をやっていれば、相場の大幅な下落から逃れることはできません。相場が好調だからと何も考えずお祭りに乗るのではなく、何かあるかもしれないと考え、常にアンテナを張っておくことが大切です。そのためには、過去の株式市場の暴落について学んでおくことが有効です。暴落の記録暴落とは、株価が数日の間に一気に下...

≫続きを読む

株式市場のバブルまとめ

投資家であるならば、過去に起きたバブルについて勉強しないわけにはいきません。なぜなら、歴史は繰り返すからです。過去にどのようなバブルがあったのかを学び、来るべき次のバブルに備えましょう。株式市場の歴史株式市場の過去の流れについてご紹介します。オランダのチューリップバブル一つ目は、オランダで起きたチュ...

≫続きを読む

会社四季報を利用する上で押さえておきたいポイント

会社四季報は1年に4回発行されています。発行される時期は4半期ごとで、春・夏・秋・冬の時期に発売されています。会社四季報の発売される月も決まっており、3・6・9・12月に発売されます。詳しい日付についてはバラバラではありますが、大体上記の月の中旬くらいに発売されています。配送前は倉庫で厳重に管理され...

≫続きを読む

長期投資に効く会社四季報の読み方講座

長期投資を行うに当たり、企業分析は欠かせない作業です。また、有望銘柄を探したりする必要もありますよね。その際に役立つのが会社四季報です。今は、証券会社でも無料で会社四季報の閲覧ができるようになっているので、しっかりと使っていきたいところです。とは言ったものの、どのように使っていけば良いのかわからない...

≫続きを読む


トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて