一人暮らしの生活費の目安


一人暮らしの生活費の目安

 

一人暮らしの生活費の目安は下記の通りです。

 

家賃(住居費):月収の30%程度

 

一般的には月収の30%程度と言われていますが、都内か地方かなどにより変動があります。

 

食費(外食費含む):3万円以内

 

自炊を中心とすればさらに抑えることができます。

 

水道光熱費:1万円以内

 

光熱費(電気・ガス)は、省エネ家電を選ぶなどの対策をして削っていきましょう。

 

水道料金は通常、2カ月に1度請求されます。

 

通信費:1万円以内

 

携帯電話の料金のほか、インターネットの接続料なども入ります。

 

生活日用品:5千円〜1万円程度

 

洗剤やティッシュなど。

 

交際費:1万円〜2万円程度

 

社会人になれば付き合いも増えていきますが、自由なお金が多いからと使いすぎないようにすることが肝心です。

 

貯蓄:月収の20%程度

 

ただ上記はあくまで目安であり、それぞれの置かれた環境や、何を重視したいのかなどによりだいぶ変わってきます。まずは上記を参考にしながら、自分に合った支出割合を探していきましょう。

 

また、そのほかに自分のお金の使い方を記録しておくことも大切です。つまり、家計簿をつけるということ、ただ、家計簿って結構長続きしないんですよね。面倒で。

 

でも、家計簿をつけたほうがお金の流れがわかりますし、どこをどうやって改善すればいいのかが明確になります。そこでおすすめなのがマネーフォワードと言う自動家計簿作成サービスです。

 

マネーフォワードを使えば勝手に家計簿を作成してくれますし、資産の管理も一括でできるので重宝しています。

 

ちなみに、貯蓄はできる限り行うべきではありますが、毎月余ったお金を残そうと思ってもなかなか残すことはできません。そのため、あらかじめ給与が入ったら別口座に移し、天引き貯蓄するなどの対策を立てることが重要です。


スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

家計簿をつける必要がある人・ない人
家計簿をつける必要がある人・ない人
財形貯蓄の種類とそれぞれの特徴
財形貯蓄の種類とそれぞれの特徴
お金を増やすための公式
お金を増やすための公式
20代から始める資産運用はいくらからがベスト?
20代から始める資産運用はいくらからがベスト?
投資で成功するために大切な3つのポイント
投資で成功するために大切な3つのポイント
年金は払い損?払わない方が良いの?
年金は払い損?払わない方が良いの?
私が利用している証券会社と銀行
私が利用している証券会社と銀行
資産運用の方針作成法
資産運用の方針作成法についてご紹介します。

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて