クラウドファンディングのしくみを徹底解剖!そのメリットやリスクも解説!


クラウドファンディングのしくみを徹底解剖!そのメリットやリスクも解説!

 

新しいお金の集め方として注目を集めているクラウドファンディングですが、まだまだマイナーな存在です。

 

ただ、世界に目を向けるとメジャーな存在になりつつあり、国内でも拡大する動きもみられているので、どういったものなのか理解を深めておくことは大切でしょう。

 

そこで、ここではクラウドファンディングのしくみやメリットなどについてご紹介します。

 

クラウドファンディングのしくみ

 

クラウドは群衆、ファンディングは資金調達の意味です。つまり、群衆から資金の調達をする、ということですね。

 

実はこの仕組みは、不特定多数の人からお金を集めて運用するという意味で投資信託にも似ています。

 

なお、クラウドファンディングのやり方としては、そういったプラットフォームを用意しているところがあるので、信頼できるところを選んで使ってみるといいですね。

 

クラウドファンディングには種類がある

 

実は、クラウドファンディングと一口に言っても、いくつも分類があるんですよ。

 

非投資型

 

@ 寄付・募金型

 

これは、出したお金は返ってこない、という性質のものです。

 

例えば、震災などで被害があったところに寄付・募金するものなどがあります。

 

A 購入型

 

お金を出す見返りとして、それで集めて作られたものなどをもらうことができるタイプです。

 

例えば、おいしいポテトサラダを作りたいからお金を集めて、出資者にはそのポテトサラダをプレゼントするといったものなどがありますね。

 

またその他に、デビューしたばかりのアーティストがお金を集めるのに使い、出資者にCDをプレゼントするものなどもあります。

 

購入型クラウドファンディングを運営しているところはいろいろありますが、有名どころで言えば朝日新聞社が運営するA-port(エーポート)というところがありますね。

 

投資型

 

@ 融資型

 

お金を貸すタイプです。イメージ的には、銀行でしょうか。クラウドファンディングの中でもっとも一般的なのがこの融資型です。

 

融資型のクラウドファンディングを扱っている有名なところと言えば、クラウドバンクがあります。

 

実績が十分あり、案件数もそれなりにあるので、融資型のクラウドファンディングをやりたいのであればおすすめですよ。

 

⇒ クラウドバンクの評判は?徹底レビューしてみました!

 

A 株式型

 

未公開会社に、株式の形で出資するタイプ。

 

これは、まだあまり一般的にはなってないんですよね。

 

B ファンド型

 

株式型と似ていますが、投資信託のような形で未公開会社に投資するタイプです。

 

このタイプを取り扱っている会社で有名なところは、ミュージックセキュリティーズと言う会社があります。

 

⇒ ミュージックセキュリティーズの公式サイトはこちら

 

出資者から見たクラウドファンディングのメリット

 

クラウドファンディングの多くは今までになかった取組であったり、社会的意義を乗せたものであり、投資するに当たり思いを乗せられるというのが魅力です。

 

また、単純に資金運用の選択肢が広がるというのも、メリットの一つと言えるでしょう。

 

出資者から見たクラウドファンディングのリスク

 

まだまだマイナーな存在であり、中には詐欺のような案件でお金を集めようとする人がいるのも事実です。

 

ただ、ミュージックセキュリティーズやクラウドバンクのようにしっかりしたプラットフォームを提供している会社が扱う案件は精査されているので信頼性はあります。

 

もしクラウドファンディングに興味があり、出資したいと考えているのであれば、そういった信頼できる会社で募集されている案件から選んでみるといいでしょう。


スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

クラウドバンクの評判は?徹底レビューしてみました!
クラウドバンクの評判は?徹底レビューしてみました!
クラウドバンクは怪しい?詐欺じゃないのか・リスクはどうなのかを徹底検証
クラウドバンクは怪しい?詐欺じゃないのか・リスクはどうなのかを徹底検証
ラッキーバンクの口コミ・評判は?徹底レビューしてみました!
ラッキーバンクの口コミ・評判は?徹底レビューしてみました!

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて