スイングトレードでの利食い・損切のタイミングは?


スイングトレードでの利食い・損切のタイミングは?

スイングトレードの場合、利益確定のタイミングと損切のタイミングはどのようになるのか、よくわかっていない人もいるでしょう。

 

私も以前スイングトレードをやった時には、利食いをいつすればいいのか、損切ラインはどうすればいいのかがあいまいで、うまくいっていませんでした。

 

あいまいな売買は、傷口を広げるだけなんですよね。それで利益が出たとしてもたまたま、本当はもっと伸ばせた、なんてこともあります。

 

そこで、ここではスイングトレードでの利食い・損切のタイミングについて解説していきます。

 

なぜあいまいな売買になるのか?

 

株式投資は、何でそのタイミングでエントリーするのかその理由を明確にしておくことが重要です。これは、長期投資であれデイトレードであれ、スイングトレードであれおんなじなんですよ。

 

エントリーのタイミングがあいまいだと、相場が動いた時にどうすればいいのかたちまちわからなくなります。

 

あなたは、しっかりとエントリーした理由を言えますか?もし、なんとなく上がりそうだとか、なんとなく下がりそう、ニュースで見かけたからとか、掲示板で話題になってからなんて理由は厳禁ですよ。

 

勝ち組投資家は、エントリーした理由、つまり事前の準備がしっかりできています。

 

エントリーの理由が明確なら問題なし

 

エントリーした理由が明確になっていれば、売るタイミングに悩むことは少なくなります。

 

それはなぜかというと、その前提条件が崩れた時に売ればいいだけだからです。なんとなくの売買には、前提条件がありません。

 

エントリーの理由

 

投資手法はいろいろあるので、エントリーした理由と言うのもいろいろです。

 

例えば、今まで上値を抑えられていた節目を上抜けた(ブレイクアウト)からエントリーしたという場合、今後はそのラインを下値目途として、下抜けた場合に損切りと言うことになります。

 

またその他に、移動平均線に近づいた後に反発したのでエントリーしたという場合、その移動平均線を下抜いたら売りということになります。

 

ただ、これはあくまで一例です。自分なりのエントリー理由を持ち、売るタイミングの判断材料にしましょう。

 

損切幅をパーセンテージで決めるのはあり?

 

スイングトレードの損切りとして、損切幅を事前に買値の何パーセント、という風に決めておく方法があります。

 

この方法は賛否両論あるのですが、私はありだなと思っています。もちろん、上で書いたとおりエントリーの理由が明確であれば損切りのタイミングもおのずと決まっていくのですが・・・

 

決め打ちだと大味になりますが、逆指値などを入れておけば強制的に決済されます。なので、自分の感情で損失をいたずらに拡大してしまうといったことはなくなるんですよね。

 

その分、損切貧乏になる可能性もあるわけですが。

 

無料で投資(推奨銘柄)情報を手に入れる

 

常勝株ジャーナルと勝ち株ナビでは、推奨銘柄を無料で配信しているので、参考にしてみるといいでしょう。

 

私も実際に登録してメールを受け取っているんですが、エントリー価格のほかに利益確定・損切ラインの目安も提示されているので、参考になります。ちなみに、取組期間は1-2週間ほどなので、スイングトレードといった感じですね。

 

この情報だけで勝てるかと言えばイエスとは言えませんが、少なくともトレーディング技術を磨くのには役立ちますよ。

 

なぜこの銘柄を選んだのか?実際紹介された後の価格はどうなっているのか?などを考えることが重要です。

 

⇒ 常勝株ジャーナルの無料情報はこちら

 

⇒ 勝ち株ナビの無料情報はこちら

 

メールアドレスを登録するだけで、そのほかの情報の登録は一切ありません

スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

スイングトレードのための銘柄選択術
スイングトレードのための銘柄選択術
アービトラージとは?その考え方と実践について解説
アービトラージとは?その考え方と実践について解説

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて