仕手株とは?仕手株の特徴と見つけ方・見分け方と投資スタンス


仕手株とは?仕手株の特徴と見つけ方・見分け方と投資スタンス

 

仕手株ってご存知ですか?

 

仕手株は、初心者は手出し無用の値動きが激しい株だと言われています。

 

もう少し具体的に説明すると、資金豊富な投資家(金融屋であったり起業家、凄腕の投資家や宗教団体など背景は多岐にわたります)が意図的に株価を動かそうと狙われている株のことです。そういった投資家のことを、仕手筋と呼びます。

 

この仕手株、先ほども触れたとおり、短期間に激しい動きをするので適当に扱うと大やけどするんですよね。

 

ただ、うまく扱うことができれば大きな利益にもなりますし、現物株での参入もできるので適切な資金管理ができるのであれば入るのもありだと思います。

 

そこで、ここでは仕手株の特徴や見つけ方・見分け方や、どういう風に取り組めばいいのかということについて解説していきますので、参考にしてみてください。

 

仕手株の特徴・見分け方

 

実は、仕手株って見分けられないんですよね。というか、確実にそうだ、ってわからないことが多いです。

 

そもそも、仕手筋が介入しているとか、一般人がわかるようなレベルだとまずいですから。

 

また、仕手筋が入っているような動きだけど実は違う(かなり小型の株であればそこまで資金が豊富でなくても動かせることがある)こともありますし、介入しているからと言って上がるとは限りません。

 

ただ、仕手株のような動きをしているのかどうか、そもそも仕手株として狙われる条件の株なのかということは判断できます。

 

仕手株の特徴

 

  • 発行株式数が1億株以下
  •  

  • 浮動株比率が50%以下
  •  

  • 資本金が100億円以下
  •  

  • 株価が500円以下
  •  

  • 信用取引銘柄
  •  

  • テーマ性がある

 

※ 数値はあくまで目安です

 

必要資金の問題

 

仕手株の特徴の一つは、発行株式数が少ないことです。また、浮動株比率が小さいことも条件になります。

 

なぜなら、市場に出回っている株(発行株式数×浮動株比率)の数が少なければそれだけ買い集める株数が少なくてすみますし、支配力を高めることができるからです。

 

また、時価総額が小さいことも大事です。時価総額が小さければそれだけ必要になってくる資金が少なくてすみますからね。

 

自分たちの持ち分が多ければ多いほど、コントロールしやすくなるのでこういった条件の株が狙われるというわけです。その他に、資本金が小さい、というのも条件の一つとしてあげられます。

 

株価の影響

 

株価が低いのも仕手株に狙われやすい株になる特徴です。

 

株価が小さければ同じ1円の上昇でもインパクトが大きくなりますし、買い集めるにしても株価の高い値がさ株よりも集めやすいんですよ。

 

信用銘柄かどうか

 

信用取引ができる銘柄であれば、それだけ取引が活発になりやすいです。

 

また、仕手株のようになんだかよくわからない上昇では信用売りも入ってきますが、売ったものは買い戻さないといけないので、その信用売りの返済買いが株価上昇の一因にもなります。

 

いわゆる踏み上げというものですね。こういった点から、信用銘柄は仕手の対象として選ばれやすくなります。

 

テーマ性も必要

 

テーマ性があるものが狙われやすいですね。テーマ性とは、例えば太陽光関連銘柄とかそういうのです。

 

株価を上げる材料にありますし、こういったわかりやすいものがあればそれだけ一般の投資家も入ってきやすく、売り抜けるのに必要な出来高を確保しやすくなります。

 

仕手株の見つけ方・見分け方

 

仕手株の見つけ方・見分け方としては、上で紹介したような特徴の株の日中の板であったり過去の値動き・出来高を見る方法があります。

 

板の動きの場合は、例えば上値でふたをして買い集められているような感じですね。また、チャートで見ると、過去に出来高があって株価がちょっと上昇しているようなのが怪しいです。

 

玉集めや振るい落としにも注目してみると、この株はなんだか怪しい・・・

 

というのがわかってくるでしょう。

 

ただ、これだと時間が結構ないと厳しいんですよね。そこで使えるテクニックが、その日の値上がり率上位にきた銘柄を詳しく調査する方法です。

 

具体的には、東証一部・二部のほかにジャスダック、マザーズの値上がり率ベスト20位まで見る、ということですね。

 

この方法だと確度はそこまで上がらないんですけど、時間は少なくて済みます。ちなみに私は、この方法を使って1日で損益率+42.68%を達成しました。

 

とはいえ、毎回そううまくいくわけではなく、トータルで見ると利益率はもっと削れますけどね。

 

なお、仕手株投資の名著、私が仕手株について学んでいるのは中原さんと言う方が出している、『仕手株でしっかり儲ける投資術』というものです。

 

仕手株投資をやりたいのであれば、一度目を通すべき書籍だと言えます。

 

 

株式掲示板で探すのはNG

 

投資家であれば、みんかぶやヤフーファイナンスの掲示板を見ている人もいるでしょう。

 

確かに、いろいろな情報があるにはあるんですけど、私はあまり推奨できませんね。もちろん、そういった情報をうまく使って儲けにつなげている人もいるんでしょうが、たいていは心を惑わされて終わりです。

 

実際、私は眉唾な情報だと思っても、それが気になって投資行動に影響してしまいます。

 

正しく情報を扱えず、あおりに負けるのであれば思い切ってみないほうがいいですね。

 

仕手株への投資スタンス

 

仕手株に熱を上げて、全財産を投じるのは辞めたほうがいいでしょう。スタンスは人それぞれですが。

 

できれば、仕手株投資にはこの金額までしか使わないと決めて取り組むことをおすすめします。

 

また、現物だけでやる(信用取引はやらない)といいでしょう。それでもうまくいけば大きなお金を稼げますし、うまくいかなければ当初決めた金額だけ無くなるのであきらめもつくはずです。

 

それと、あらかじめ損失額の大きさを決めておけば心に余裕が生まれるので、それだけ冷静に投資判断が下せるようになりますよ。

 

これは、かなり重要です。心の余裕はパフォーマンスにダイレクトに影響してきますからね。

 

無料で投資(推奨銘柄)情報を手に入れる

 

常勝株ジャーナルと勝ち株ナビでは、推奨銘柄を無料で配信しているので、参考にしてみるといいでしょう。

 

私も実際に登録してメールを受け取っているんですが、エントリー価格のほかに利益確定・損切ラインの目安も提示されているので、参考になります。ちなみに、取組期間は1-2週間ほどなので、スイングトレードといった感じですね。

 

この情報だけで勝てるかと言えばイエスとは言えませんが、少なくともトレーディング技術を磨くのには役立ちますよ。

 

なぜこの銘柄を選んだのか?実際紹介された後の価格はどうなっているのか?などを考えることが重要です。

 

⇒ 常勝株ジャーナルの無料情報はこちら

 

⇒ 勝ち株ナビの無料情報はこちら

 

※ メールアドレスを登録するだけで、そのほかの情報の登録は一切ありません

 

その他に、トレーダーズ・ブレイン・マーケットというサイトもあります。こちらも、メールアドレスだけの無料登録です。

 

⇒ トレーダーズ・ブレイン・マーケット

 

以上の情報サイトを活用して、トレーディング技術を高めていきましょう。


スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

振るい落としが行われる理由と対処法
振るい落としが行われる理由と対処法
仕手株の玉集めに関する考察
仕手株の玉集めに関する考察
おすすめの低位株はどれ?低位株投資の銘柄選択術
おすすめの低位株はどれ?低位株投資の銘柄選択術
100円以下の株ってどうなの?その探し方や投資戦略を解説
100円以下の株ってどうなの?その探し方や投資戦略を解説
日本低位株ファンドってどんなファンドなの?検証してみました
日本低位株ファンドってどんなファンドなの?検証してみました

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて