MACD(マックディー)の計算式や見方・使い方を徹底解説!


MACD(マックディー)の計算式や見方・使い方を徹底解説!

MACD(マックディー)も、相場の買われすぎ・売られ過ぎを判断するオシレーター系の指標で、投資家に人気があるので使っている人も多いのではないでしょうか?

 

MACD(マックディー)の概要

 

MACD(マックディー)は、MACDとシグナルの2本の移動平均線を用いて分析するものです。

 

なお、利用するのは単純移動平均線ではなく、指数平滑移動平均線なので覚えておくといいでしょう。

 

MACD(マックディー)の計算式

 

MACD(マックディー)の計算式はちょっと複雑なので、ここでの解説は省きます。

 

詳しくは株の達人で解説されているので、そちらを参考にしてみてください。

 

MACD(マックディー)の計算に使う日数

 

基本的に、12・26日が計算に利用されます。

 

なお、シグナルは9日です。

 

MACD(マックディー)の見方・使い方

 

MACD(マックディー)のトレードへの生かし方についてご紹介します。

 

2本の線がクロスしたら売買サイン

 

MACDのほうがシグナルよりも早く動くのですが、MACDがシグナルを上抜いたら回サイン、下抜いたら売りサインです。

 

なお、0よりも下で上抜く、0よりも上で下抜いたほうが、より信頼度が高いと言えます。

 

MACDでトレンドを判断

 

MACDでトレンドラインを引っ張り、トレンドを把握する方法もあります。

 

なお、傾きによって、トレンドの強さを判断することもできるので注目しておくといいでしょう。

スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

テクニカル分析を学ぶなら読んでおきたい本・書籍一覧
テクニカル分析を学ぶなら読んでおきたい本・書籍一覧
オシレーター系指標であるRSIの使い方
オシレーター系指標であるRSIの使い方
ボリンジャーバンドの計算式や見方・使い方を徹底解説!
ボリンジャーバンドの計算式や見方・使い方を徹底解説!
チャート分析の基本である移動平均線を徹底解説!
チャート分析の基本である移動平均線を徹底解説!
ストキャスティクスの計算式や見方・使い方を徹底解説!
ストキャスティクスの計算式や見方・使い方を徹底解説!
ゴールデンクロス|移動平均線を利用した分析
ゴールデンクロス|移動平均線を利用した分析
デッドクロス|移動平均線を利用した分析
デッドクロス|移動平均線を利用した分析
グランビルの法則|移動平均線を利用した分析
グランビルの法則|移動平均線を利用した分析
三角保ち合い|チャートパターン分析
三角保ち合い|チャートパターン分析
酒田五法|チャートパターン分析
酒田五法|チャートパターン分析
三羽ガラス(黒三兵)|チャートパターン分析
三羽ガラス(黒三兵)|チャートパターン分析
赤三兵|チャートパターン分析
赤三兵|チャートパターン分析
テクニカル分析で重要なトレンドラインの引き方とは?
テクニカル分析で重要なトレンドラインの引き方とは?
騰落レシオの計算式や見方・使い方を徹底解説!
騰落レシオの計算式や見方・使い方を徹底解説!
押し目買い・戻り売りのタイミングは?
押し目買い・戻り売りのタイミングは?
チャートの窓とは何か
チャートの窓とは何か
ブリッシュ・コンセンサスとは?
ブリッシュ・コンセンサスとは?
上昇トレンド・下降トレンドの見極め
上昇トレンド・下降トレンドの見極め
株価チャートの見方の基本
株価チャートの見方の基本

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて