三角保ち合い|チャートパターン分析


三角保ち合い|チャートパターン分析

テクニカル分析にもいろいろあるわけですが、チャートの形によって相場の方向性を判断するチャートパターン分析もその一つです。

 

その中でも有名なものと言えば『三角保ち合い』なんですが、これは大きな動きから徐々に小さな動きになってエネルギーを蓄え、次の大きな動きにつながるというものです。

 

時系列でみて、徐々に値幅が小さくなっていく、高値と安値を線で結んだときにその形が三角形であることからこう呼ばれます。

 

三角保ち合いのパターン

 

三角保ち合いは単純に三角形になっているものをそう呼んだりもしますが、実はいくつも種類があります。

 

形によって、買いであったり売りのパターンというものがあるので、どのようなパターンがあるのかしっかり理解し、判断に役立てていきましょう。

 

上昇パターン

 

 

@ 上昇三角型

 

上値が抑えられる中、下値が徐々に切りあがるパターンです。

 

A 上昇ペナント型

 

上昇後に現れるパターンです。

 

B 上昇フラッグ型

 

上値も下値も切り下がるパターンです。

 

C 下降ウェッジ型

 

上値も下値も切り下がるパターンです。ただし、切り下がりの角度が『上昇>下降』になっています。

 

下落パターン

 

 

D 下降三角型

 

下値は水平で、上値が切り下がっていくパターンです。

 

E 下降ペナント型

 

下落後に現れるパターンです。

 

F 下降フラッグ型

 

上値・下値ともに切りあがるパターンです。

 

放れたほうに動くパターン

 

 

G コイル型

 

上値は切り下がり、下値は切りあがるパターンで、幅が狭いのが特徴です。

 

H 対称三角形

 

対称な三角形の保ち合いパターンです。

 

三角保ち合いのポイント

 

しっかりとラインが引けるかどうか、思い込みでラインを引いて否かをしっかりチェックすることが大切です。

 

また、ほかのテクニカル指標も合わせて総合的に判断するとより確度が高くなりますので、いろいろと組み合わせて検証してみてください。

スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

テクニカル分析を学ぶなら読んでおきたい本・書籍一覧
テクニカル分析を学ぶなら読んでおきたい本・書籍一覧
オシレーター系指標であるRSIの使い方
オシレーター系指標であるRSIの使い方
ボリンジャーバンドの計算式や見方・使い方を徹底解説!
ボリンジャーバンドの計算式や見方・使い方を徹底解説!
チャート分析の基本である移動平均線を徹底解説!
チャート分析の基本である移動平均線を徹底解説!
ストキャスティクスの計算式や見方・使い方を徹底解説!
ストキャスティクスの計算式や見方・使い方を徹底解説!
MACD(マックディー)の計算式や見方・使い方を徹底解説!
MACD(マックディー)の計算式や見方・使い方を徹底解説!
ゴールデンクロス|移動平均線を利用した分析
ゴールデンクロス|移動平均線を利用した分析
デッドクロス|移動平均線を利用した分析
デッドクロス|移動平均線を利用した分析
グランビルの法則|移動平均線を利用した分析
グランビルの法則|移動平均線を利用した分析
酒田五法|チャートパターン分析
酒田五法|チャートパターン分析
三羽ガラス(黒三兵)|チャートパターン分析
三羽ガラス(黒三兵)|チャートパターン分析
赤三兵|チャートパターン分析
赤三兵|チャートパターン分析
テクニカル分析で重要なトレンドラインの引き方とは?
テクニカル分析で重要なトレンドラインの引き方とは?
騰落レシオの計算式や見方・使い方を徹底解説!
騰落レシオの計算式や見方・使い方を徹底解説!
押し目買い・戻り売りのタイミングは?
押し目買い・戻り売りのタイミングは?
チャートの窓とは何か
チャートの窓とは何か
ブリッシュ・コンセンサスとは?
ブリッシュ・コンセンサスとは?
上昇トレンド・下降トレンドの見極め
上昇トレンド・下降トレンドの見極め
株価チャートの見方の基本
株価チャートの見方の基本

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて