騰落レシオの計算式や見方・使い方を徹底解説!


騰落レシオの計算式や見方・使い方を徹底解説!

今の相場状況がどうなのか、買われすぎなのか売られすぎなのかを知っておくことは重要です。

 

過熱感があるかないかによって、どこまでそのポジションを引っ張るべきか、今相場に入るべきなのかなどが見えてきますからね。

 

そのために重宝するのが、騰落レシオという指標です。

 

騰落レシオって何?

 

騰落レシオは上でも紹介した通り、相場に過熱感があるかどうか知ることができるものです。

 

騰落レシオの計算式

 

N日間の値上がり銘柄数の合計÷N日間の値下がり銘柄数の合計×100

 

で、単位はパーセント(%)です。

 

なお、計算に使う日数としては、基本的に25日が利用されます。その他には、5日がよく使われます。

 

騰落レシオの使い方

 

使い方は簡単で、70%以下であれば売られ過ぎの水準、120%を超えているようだと買われ過ぎの水準です。

 

なお、100%が中立の水準ですね。

 

なので、逆張り的な使い方がいいでしょう。

 

ただし、その数字になったからといって安易にポジションを取るのはダメです。相場は時に行き過ぎることがあり、実際に売られ過ぎの水準に入っていてもなかなか反発しなかったり、その逆もあります。

 

そのため、騰落レ詩を単体で使うのではなく、ほかの指標も合わせて判断したほうがいいですね。

 

そうすることによって、だましに合う確率を減らすことができます。

 

騰落レシオの注意点

 

騰落レシオは分かりやすく、最近よく注目されている指標でもあります。

 

実際使い勝手も良くて参考になりますが、使うのは上がったか下がったかということのみで、値幅は考慮しません。

 

また、計算式としても下限は0に対して、上限はないなどゆがみが発生しやすく、盲信しすぎるのは危険です。その点はしっかりと意識しておくといいでしょう。

 

騰落レシオを時系列で確認する方法

 

騰落レシオを紹介しているし後はいろいろありますけど、下記のサイトが結構いいですよ。

 

⇒ 騰落レシオ 日経平均比較チャート

 

25日や10日などいろいろな日数のものが見れますし、値上がり銘柄数や値下がり銘柄数の時系列データも閲覧することができます。

スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

テクニカル分析を学ぶなら読んでおきたい本・書籍一覧
テクニカル分析を学ぶなら読んでおきたい本・書籍一覧
オシレーター系指標であるRSIの使い方
オシレーター系指標であるRSIの使い方
ボリンジャーバンドの計算式や見方・使い方を徹底解説!
ボリンジャーバンドの計算式や見方・使い方を徹底解説!
チャート分析の基本である移動平均線を徹底解説!
チャート分析の基本である移動平均線を徹底解説!
ストキャスティクスの計算式や見方・使い方を徹底解説!
ストキャスティクスの計算式や見方・使い方を徹底解説!
MACD(マックディー)の計算式や見方・使い方を徹底解説!
MACD(マックディー)の計算式や見方・使い方を徹底解説!
ゴールデンクロス|移動平均線を利用した分析
ゴールデンクロス|移動平均線を利用した分析
デッドクロス|移動平均線を利用した分析
デッドクロス|移動平均線を利用した分析
グランビルの法則|移動平均線を利用した分析
グランビルの法則|移動平均線を利用した分析
三角保ち合い|チャートパターン分析
三角保ち合い|チャートパターン分析
酒田五法|チャートパターン分析
酒田五法|チャートパターン分析
三羽ガラス(黒三兵)|チャートパターン分析
三羽ガラス(黒三兵)|チャートパターン分析
赤三兵|チャートパターン分析
赤三兵|チャートパターン分析
テクニカル分析で重要なトレンドラインの引き方とは?
テクニカル分析で重要なトレンドラインの引き方とは?
押し目買い・戻り売りのタイミングは?
押し目買い・戻り売りのタイミングは?
チャートの窓とは何か
チャートの窓とは何か
ブリッシュ・コンセンサスとは?
ブリッシュ・コンセンサスとは?
上昇トレンド・下降トレンドの見極め
上昇トレンド・下降トレンドの見極め
株価チャートの見方の基本
株価チャートの見方の基本

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて