TOB(株式公開買付)とは何か?私の株はどうなるの?


TOB(株式公開買付)とは何か?私の株はどうなるの?

 

TOBとは、株式公開買い付けのことで、その株式を購入することを投資家に宣言し、実際に購入する流れのことを言います。つまり、買収するための手段のことです。

 

なお、買い付けについては不特定多数の株主に対して告知(買付期間、買付株価、目標取得株式数)をし、応じてくれる人を募るといった流れで、市場を通さずに行われます。

 

TOBの目的は?

 

TOBの目的としては、自社株買いとして利用するほか、株式を大量に取得することによって関連企業を合併する場合や、買収として使われることもあります。

 

なぜなら、株式の過半数を取得すると経営権、そうでなくとも3分の1を取得することで株主総会における特別決議の拒否権を手に入れることができ、経営に大きな影響力を及ぼすことができるためです。

 

TOBの種類

 

TOBは大きく分けて2種類、友好的なものと敵対的なものがあります。

 

友好的なものは合併するためのものであったり、事前に合意されているものです。株式を取得してもらうことによって相乗効果を得たり、メリットもありますからね。

 

一方、敵対買収はその名前の通り、了承されていないのに行われるものです。TOBする側としては、買収する企業の資産であったり、さらに第三者に大きな金額で売却するといった目的があります。

 

有名どころで言えば、ライブドアによるフジテレビに対してのTOBがありますね。

 

TOBによる株価推移

 

TOBが行われた場合、基本的に市場でついている株価はTOBにより告知された買付価格にさや寄せされます。

 

ただし、買付数が限られている場合は抽選となり、TOBに応じようと思っても買い取ってもらえないこともあるんです。そうなると、応じてもらえなかった株式が市場に出回り、株価が買付価格よりも下がっていくこともあります。

 

そういったこともあり、買付数が100%でも無い限り、市場での価格はTOBでの買付価格よりもやや安い価格となりやすいです。

 

また、TOB後も上場を維持するようなケースでは、買付期間中は買付価格の影響を受けるものの、買付期間が終われば通常の値動きへと戻ります。

 

TOBのメリット・デメリット

 

TOBのメリットとしては、事前に告知することでインサイダー取引にならず、株式市場に大きな影響を与えないといったことが挙げられます。

 

市場で普通に買い付けると思惑なども重なって予想以上に費用がかかることもありますが、TOBを利用すれば一定の株価で大量に株式の取得ができるというわけですね。

 

またその他に、条件を満たすことができなければ、買い付けを実行しなくてもいい、といったメリットもあるんです。

 

一方、投資家サイドから見ると、TOBでは現在の価格に上乗せ分(プレミアム)がついて行われるので、今よりも高く売れるといったメリットがあります。

 

加えて、売却の手数料はTOBをする側が負担してくれるので、コストを抑えることができるのもいいですね。

 

デメリットとしては、TOBが成立した時に著しい流動性の低下を招くことが挙げられます。また、事前に宣言するわけですから、敵対的買収であれば買収対象が何かしらの防衛策をとるといったこともデメリットだと言えばデメリットでしょう。

 

一方、投資家サイドから見ると、まだまだ成長性がある・株価が上がると思っているのにTOBが行われてしまうと、消化不良のままその投資を終わらせることになります。

 

ただしこれは、TOBにより上場廃止になったりする場合です。

 

もし保有株がTOBになったら

 

株主として取るべき行動としては、TOBに応じるか、TOBには応じずに株式市場で売却するか、TOBに応じずに保有を続けることが挙げられます。

 

@ TOBに応じる場合

 

募集価格で必ず売却できますが、TOBに応じるには手続きが面倒です。

 

どの証券会社でもTOBに応じられるわけではなく、指定された証券会社で応じなければいけないので、もしその指定の証券会社で保有していない場合は口座の開設と株式の移管が必要となります。

 

多くの株数を保有しているのならまだしも、数単元レベルならあまりこの選択肢は取らないほうがいいでしょう。

 

ちなみに、買付期間は20-60日で設定されます。

 

A TOBには応じずに株式市場で売却する場合

 

通常の売買で楽です。価格的には応募価格よりも下になる可能性がありますが、そこまで大きな損になるというわけではないので、この選択肢が無難でしょう。

 

B TOBに応じずに保有を続ける場合

 

買付株数がそこまで多くなく、TOBされた株式がまだ上場を維持するのであれば問題はありません。

 

ただし、上場廃止になった時には売買が困難になります。また、合併や買収の場合、その企業の株式と交換になることもあるようです。


スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

そもそも株って何?初心者のための株式投資入門
そもそも株って何?初心者のための株式投資入門
株式投資をするなら知っておきたい株のリスク
株式投資をするなら知っておきたい株のリスク
証券会社が破綻したら、保有している株・投資信託などは保護される?
証券会社が破綻したら、保有している株・投資信託などは保護される?
もし自分が投資している会社が倒産したら株はどうなる?借金を背負うことはある?
もし自分が投資している会社が倒産したら株はどうなる?借金を背負うことはある?
株式投資をするならこれだけは覚えておいて|自己責任の原則
株式投資をするならこれだけは覚えておいて|自己責任の原則
株を始める前に目的・目標を決める
株を始める前に目的・目標を決める
株の注文の出し方を学ぶ(指値・成行注文)
株の注文の出し方を学ぶ(指値・成行注文)
株価はどのようにして決まるのか?
株価はどのようにして決まるのか?
現物か?それとも信用取引か?現物と信用取引の違い
現物か?それとも信用取引か?現物と信用取引の違い
株価を動かす要因|外部要因・内部要因
株価を動かす要因|外部要因・内部要因
株価を動かすマクロ要因とミクロ要因
株価を動かすマクロ要因とミクロ要因
企業決算の発表スケジュールと業績予想修正のルール
企業決算の発表スケジュールと業績予想修正のルール
配当・株主優待をもらうためには?権利確定日と権利落ち日の話
配当・株主優待をもらうためには?権利確定日と権利落ち日の話
投資で成功するために重要な投資スタイルの作り方
投資で成功するために重要な投資スタイルの作り方
スイングトレードとは?投資期間によるスタイルの違いとその手法を解説
スイングトレードとは?投資期間によるスタイルの違いとその手法を解説
順張り・逆張りを使い分けて利益を上げる
順張り・逆張りを使い分けて利益を上げる
分散投資・集中投資のどちらがいいか
分散投資・集中投資のどちらがいいか
思いつきはNG!投資での銘柄選びの基本
思いつきはNG!投資での銘柄選びの基本
株式投資での正しい利益確定のタイミングは?パーセントで機械的に?
株式投資での正しい利益確定のタイミングは?パーセントで機械的に?
株主優待のみに注目したら失敗します
株主優待のみに注目したら失敗します
ドルコスト平均法は有効?採用した方が良いのか解説
ドルコスト平均法は有効?採用した方が良いのか解説
株価分析で使える理論株価の算出方法
株価分析で使える理論株価の算出方法
株の投資情報の探し方|情報をそろえて勝ち組投資家になろう
株の投資情報の探し方|情報をそろえて勝ち組投資家になろう
投資をするなら絶対押さえておきたい株の税金の話
投資をするなら絶対押さえておきたい株の税金の話
特定口座の源泉徴収有り?無し?
特定口座の源泉徴収有り?無し?
株の損益通算、譲渡損失の繰り越し控除
株の損益通算、譲渡損失の繰り越し控除
配当控除とは?しっかり確定申告して税の2重どりを防ごう!
配当控除とは?しっかり確定申告して税の2重どりを防ごう!
投資家向け用語集
投資家向け用語集
流動性リスクには要注意!決済したいときにできないのもリスク
流動性リスクには要注意!決済したいときにできないのもリスク
風説の流布はやってはいけない!
風説の流布はやってはいけない!
自社株買いで私の株はどうなるの?
自社株買いで私の株はどうなるの?
監理ポストと整理ポストの違い
監理ポストと整理ポストの違い
株主資本、自己資本、純資産の違い
株主資本、自己資本、純資産の違い
DRIPsって何?配当再投資のしくみをつくろう
DRIPsって何?配当再投資のしくみをつくろう
金利で稼ぐ?貸株サービスのメリット・デメリット
金利で稼ぐ?貸株サービスのメリット・デメリット
日経平均株価とTOPIXの違い
日経平均株価とTOPIXの違い
株式分割があった場合は修正が必要です
株式分割があった場合は修正が必要です

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて