個人型確定拠出年金に加入すべき?その判断のポイントを解説


個人型確定拠出年金に加入すべき?その判断のポイントを解説

 

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)はお得な制度、使わないともったいないという声が大きいです。

 

実際のところ、この制度を全く知らない、というのはもったいないですね。

 

ただ、何も考えず盲目的に取り組めばいい、というわけでもありません。どういった制度なのか、加入した方が良いのがしっかりと検討して決めることが大切です。

 

流動性に乏しいのがネック

 

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の利用を検討する上で忘れてはいけないのが、流動性の低さです。

 

預貯金であれば簡単にいつでも引き出せますが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)となるとそうはいきません。

 

その名前からもわかるとおり、「年金」の役割であり、60歳になるまで引き出すことができないんです。

 

資金的余裕があれば良いのですが、将来的に大きなお金が必要になったり、収入に波がある人はなかなか利用しにくいところ。

 

張り切って個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にお金を使った結果、資金繰りに苦しんでしまっては本末転倒ですからね。

 

課税所得の少ない人はよく検討した方が良い

 

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は、毎月出したお金すべてが所得控除の対象となります。

 

それによって所得税額を引き下げることができるのですが、そもそも課税所得が少ない人はメリットも小さくなるんですよね。

 

資金面でも、上で紹介したようにそもそも所得が少ない人は回せるお金も少なく、過度に個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を使ってしまうと資金繰りが苦しくなる可能性もあります。


スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

個人型確定拠出年金でおすすめの金融機関は?
個人型確定拠出年金でおすすめの金融機関は?
個人型確定拠出年金に加入すべき?そのメリット・デメリット【まとめ】
個人型確定拠出年金に加入すべき?そのメリット・デメリット【まとめ】

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて