定性分析と定量分析を組み合わせて企業を理解する


定性分析と定量分析を組み合わせて企業を理解する

定性分析と定量分析を組み合わせて企業を理解する

 

長期投資家・インカムゲイン狙いの投資家にとって、投資しようとしている、または投資している企業について理解を深めておくことは非常に重要です。

 

米著名投資家のピーター・リンチ氏も、小学生に説明できるくらいその銘柄に対してしっかり理解しておくことが大切であると説いています。

 

そこで、本記事では企業を理解するための2つの分析方法・アプローチの方法について紹介します。この方法を身につけることができれば、今まで以上に企業に対して理解を深めることができるようになるでしょう。

 

2つの分析方法・アプローチの方法

 

2つの方法とは、『定性分析』『定量分析』です。

 

定性分析とは?

 

定性分析は、量や数値的な側面からではなく、性質的な側面から分析するものです。

 

例えば、儲ける仕組みのこと(私の解釈です)であるビジネス・モデルであったり、その会社の社長の発言、そのほかに経営方針など数値には表れないものを分析対象とします。

 

なので、主観的な分析と言うこともできるかもしれません。

 

⇒ 定性分析で役に立つビジネスモデル・キャンバスについてはこちら

 

定性分析の注意点

 

定性分析は主観的ではありますが、だからと言って単なる噂であったり思い込みを分析に入れてはいけません。

 

あくまで事実に基づいて判断すると言うことです。この点をしっかりわかっていないと、勘違いで突き進み、大きな損失につながるといったこともありますので注意してください。

 

定量分析とは?

 

定量分析は、文字通り量(数字)に着目した分析方法です。また、この定量分析は主にファンダメンタルズ分析とテクニカル分析にさらに細分化できます。

 

ファンダメンタルズ分析

 

企業業績(売上高や営業利益、純利益)のほか、財務状況(自己資本比率や流動比率)をもとに分析します。

 

また、そのほかにも株価と純利益を用いて計算するPERであったり、株価と純資産を用いて計算するPBRなどの株価指標を使っての分析も、ファンダメンタルズ分析に含まれます。

 

⇒ ファンダメンタルズ分析について詳しくはこちら

 

テクニカル分析

 

テクニカル分析は株価の過去の動きを用いて、これからの株価の動きを予測しようというものです。

 

過去の株価を見て、以前のこの高値を超えてきたら株価に勢いがついて上昇していくだろう、といった分析をしていきます。

 

⇒ テクニカル分析について詳しくはこちら

 

どちらか一方では偏りが出る

 

いかがでしたでしょうか。上述した通り、企業を理解するための方法として定性分析と定量分析と言うものがあります。

 

これはどちらか一方で事足りるというものではなく、両方をバランスよく利用することが大切です。

 

定性分析・定量分析の実例

 

定性分析・定量分析をより詳しく理解するためには自分で企業分析をするのがおすすめです。

 

とはいえ、いきなり企業分析をしてみて、といわれてもどうしたら良いのか困ると思います。

 

そこで当サイトでは、定性的な面、定量的な面の両方から企業分析を行った実例を紹介しているので、そちらをご覧下さい。

 

⇒ 企業分析の実例についてはこちら

 

上記の企業分析例を元に、あなたも企業分析を行って定性分析・定量分析への理解を深めて下さいね。


スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

【投資家向け】企業分析のやり方
株式投資で成功するためには、企業分析の正しい手法を身につけることが大切です。
ピーターリンチ式!企業分析テンプレートを考えてみた
ピーターリンチ式!企業分析テンプレートを考えてみた
企業分析シートに記載すべき項目
企業分析シートに記載すべき項目
ビジネスモデル・キャンバスで企業分析
ビジネスモデル・キャンバスは企業分析の必須ツールです。ビジネスモデルを視覚的にとらえ、整理するのに役立つツールです。
ドミナント戦略とは?そのメリット・デメリットも解説
ドミナント戦略とは?マーケティング用語ですが、投資家も知っておいた方が良い用語です。企業分析をする際に役立つので、しっかりと押さえておきましょう。
PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)で企業分析してみる
PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)で企業分析してみる
企業の成長ステージを考える
企業の成長ステージを考える
小売業は月次を確認して動向をチェック!
小売業は月次を確認して動向をチェック!
ストック・ビジネスを手掛ける企業への投資は有効か?
ストック・ビジネスを手掛ける企業への投資は有効か?

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて