ストック・ビジネスを手掛ける企業への投資は有効か?


ストック・ビジネスを手掛ける企業への投資は有効か?

長期投資家の中にはストックビジネスを手掛けている企業を中心に投資する人もいますし、実際私もストックビジネスの会社に投資しています。

 

ストックビジネスを手掛けている企業は安心感がありますし、長期にわたって保有するのであればいい投資先と言えるでしょう。

 

ストックビジネスってなんだ?

 

まずストックビジネスとは何ぞや?という話ですが、ストックビジネスとは、売れば売った分だけ利益が積み上げられていくビジネスのことです。

 

なので、シェアが伸びていけばいくほど、業績も伸びていきやすいと言えるでしょう。

 

ストックビジネス銘柄の具体例

 

@ ジレット

 

アメリカの会社ですが、ストックビジネスの有名どころと言えばジレットでしょう。ジレットは髭剃りの刃を打っている会社ですが、髭剃りを売ることによってその髭剃りの刃も販売し、売り上げや利益を伸ばしていくというモデルです。

 

髭剃りの刃は消耗品ですし、人間の髭は伸びます。そして、大多数の人は髭を定期的に剃るので、髭剃りを大量に売ってシェアを伸ばせば、自ずと業績も拡大していくというわけです。すばらしいビジネスモデルですよね。

 

A GMOペパボ

 

GMOペパボは個人向けレンタルサーバーの大手ですが、レンタルサーバーって1ド使ったら終わりってわけではないですよね。基本的に、一度使い始めたらずっと使います。実際私も使ってます。

 

それに、サーバー移転とかも面倒で、一度顧客にしたらあまり客離れが起きにくいんですよね。なので、シェアを伸ばせば、それだけ業績も順調に伸ばすことができます。

 

B イオンディライト

 

イオンディライトは施設管理の大手ですが、清掃から自販機まで一括管理が売りで、一度使い始めたら乗り換えるのが面倒になります。

 

C パラカ

 

パラカは時間貸しの駐車場を運営している会社で、駐車場が増えればそれだけ業績も伸びていくというわけです。

 

D テクノメディカ

 

テクノメディカは採血管準備装置というものを販売しているんですが、これは消耗品も使って利用するものなので、この装置が売れれば売れるだけ消耗品で稼ぐことができるというモデルです。

 

ストックビジネスの会社は最強?

 

ストックビジネスを手掛けている会社への投資は有効だと思います。というのも、派手さはないものの、ゆっくりとでも確実に業績を伸ばしていけるからです。

 

ただ一方で、上述した通り成長力が高いかは別物ですし、企業間の競争はあります。そして、一度捕まえた顧客が他社に流れてしまうといったリスクもあるので、やはりビジネスモデル以外の要素についてもしっかり分析する必要があるでしょう。

スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

【投資家向け】企業分析のやり方
株式投資で成功するためには、企業分析の正しい手法を身につけることが大切です。
ピーターリンチ式!企業分析テンプレートを考えてみた
ピーターリンチ式!企業分析テンプレートを考えてみた
企業分析シートに記載すべき項目
企業分析シートに記載すべき項目
ビジネスモデル・キャンバスで企業分析
ビジネスモデル・キャンバスは企業分析の必須ツールです。ビジネスモデルを視覚的にとらえ、整理するのに役立つツールです。
ドミナント戦略とは?そのメリット・デメリットも解説
ドミナント戦略とは?マーケティング用語ですが、投資家も知っておいた方が良い用語です。企業分析をする際に役立つので、しっかりと押さえておきましょう。
PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)で企業分析してみる
PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)で企業分析してみる
企業の成長ステージを考える
企業の成長ステージを考える
小売業は月次を確認して動向をチェック!
小売業は月次を確認して動向をチェック!
定性分析と定量分析を組み合わせて企業を理解する
企業を理解するためには、定性分析と定量分析を組み合わせることが大切です。どちらか一方だけではうまくいきません。

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて