ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析記事一覧

ファンダメンタルズとは?

ファンダメンタルズとは、経済の基礎的条件のことです。例えば国内総生産(GDP)が物価上昇率(CPI)、経常収支などの経済指標のことで、経済状態を表します。なお株式投資におけるファンダメンタルズとは上述した経済指標以外にも、企業の売上高や利益などの業績のほか、自己資本比率や流動比率のような財務状況など...

≫続きを読む

収益から見た割安度|PER

投資しようとしている企業の株価が今割安なのか、割高なのか分析することは非常に大切です。そうはいっても、どうやって分析すればいいのかわからないよ!という人のために、株価分析でよく使われるPER(ピーイーアール)をご紹介します。PERとは、株価収益率のことです。PERの計算式PER=株価÷EPS(1株益...

≫続きを読む

資産から見た割安度|PBR

投資しようとしている企業の株価が今割安なのか、割高なのか分析することは非常に大切です。そうは言っても、どうやって分析すればいいのかわからないよ!という人のために、株価分析でよく使われるPBR(ピービーアール)をご紹介します。PBRとは、株価純資産倍率のことです。PBRの計算式PBR=株価÷BPS(1...

≫続きを読む

業種別PER・PBRの調べ方

「PER」や「PBR」を利用する際は、まず初めに東証1部やTOPIXのPER・PBRと比較することが大切です。ただそれだけでは不十分であり、そのほかにも業種間で違いがあることから、分析企業が属する業種の平均PER・PBRとも比較する必要もあります。そのためには、各業種のPER・PBRを調べる必要があ...

≫続きを読む

個別株のPERの時系列データ・推移の調べ方

PERは株式投資で株価分析をする際、必要になってくる指標です。私の場合、投資判断を下すのに重宝しています。PERが唯一絶対の指標かと言われればそうではないですけど、使い勝手の良い指標ですよね。⇒ PERについて詳しい説明はこちらPERの調べ方PERには過去の数値を使ったものと、将来の数値(予測値)を...

≫続きを読む

ROEとROAの違いは?計算式とその考え方

長期投資家として知っておきたい指標にROEとROAと言うものがあります。これらの指標、日本ではあまりなじみがないのですが海外ではかなり重要視されているんです。また、日本でもじわじわ両指標に注目する動きが出てきているので、ぜひ押さえておきましょう。ROEとはROEは自己資本利益率(その他に純資産利益率...

≫続きを読む

EV/EBITDA倍率の計算式とその考え方

EV/EBITDA倍率とは、会社の値段を考える方法の一つです。投資家目線で言えば、割安か割高かをはかるための指標だといえます。PERやPBRはなんとかわかるけど、EV/EBITDA倍率がどういったものなのかはよくわかっていないという人もいるでしょう。なのでここでは、EV/EBITDA倍率とはどういっ...

≫続きを読む

株価キャッシュフロー倍率(PCFR) とは?

PERに似た指標で、株価キャッシュフロー倍率(PCFR) というものがあります。その計算は以下の通り。PCFR=株価÷1株キャッシュフローで計算されます。なお1株キャッシュフローは「(純利益+減価償却費)÷発行済み株式数」で計算することができます。または「営業キャッシュフロー÷発行済み株式数」で計算...

≫続きを読む

ROIC(投下資本利益率)とは?ROICの計算式とその目安・考え方

ROIC(投下資本利益率)とは、投下資本に対する利益率のことです。こう聞くとなんだか難しいですよね。実際理解するのが難しく、私自身株式投資を長らくやっていますが避けて通ってきた指標です。ただ、食わず嫌いもよくないので勉強してみました。ROICの計算式どういった指標なのか詳しく説明する前に、まずは計算...

≫続きを読む

PEGレシオとは?計算式とその考え方

PEGレシオとは、その企業の「利益成長率を加味した指標」です。PEGレシオの計算式と使う数値PEGレシオ(倍)=予想PER(株価収益率)÷予想利益成長率=株価÷(予想EPS+予想利益成長率)仮にPERが15倍で予想利益成長率が20%であれば、PEG=15÷20=0.75(倍)です。ちなみに上記の利益...

≫続きを読む

PSR(株価売上高倍率)とは?計算式とその考え方

PSR(株価売上高倍率)と言う株価指標をご存知でしょうか。PSRとはカッコ書きにもしてある通り株価と売上高の比率のことです。PSRの計算式PSR=時価総額÷年間売上高=1株あたりの株価÷1株あたりの年間売上高となります。なおPERの場合はPER=1株あたりの株価÷1株あたりの純利益であり、PBRの場...

≫続きを読む

年平均成長率(CAGR)とは?計算式とその考え方

保有企業の成長率(売上高や営業利益、配当など)を知ることは重要です。企業分析にもいろいろなアプローチがありますが、私は企業分析を行う際にこの「成長率(CAGR)」を重視します。なお、成長率の計算は単利ではなくて複利の計算です。複利計算によって求めた成長率のことをCAGRと呼びます。単利と複利単利とは...

≫続きを読む

配当利回りとは?配当利回りの計算式とその目安・考え方

配当利回りとは、株価に対して配当金がどれくらい出ているのか・もらえるのかを知るための指標です。配当利回りの計算式計算には、1株当たりの配当金額(年間)と、1株あたりの株価が用いられます。配当利回り(%)=1株あたり配当金÷1株あたり株価×100配当利回りの計算方法は上記の通りで、単位は%です。例えば...

≫続きを読む

配当性向とは?配当性向の計算式とその目安・考え方

配当性向とは、会社が稼いだ利益のうちどれくらいを配当に回しているのかを知るための指標です。配当利回りと合わせて配当投資家にとって重要な指標なので、計算式とその考え方についてしっかり理解しておきましょう。⇒ 配当利回りの計算式とその目安・考え方についてはこちら配当性向の計算式計算には、1株当たりの配当...

≫続きを読む

配当性向の平均はどれくらい?

配当性向の市場平均はどれくらいなのか、そのデータはなかなか出てきません。しかしながら、自分で配当性向の平均値を計算することは可能なので、時折計算してみるといいでしょう。東証一部銘柄の指標を利用して配当性向の平均値を計算しますと下記の通りとなります。※ データは日本経済新聞の右側に載っているものを使用...

≫続きを読む

純資産配当率とは?計算式とその考え方

純資産配当率(DOE)と言う指標ですが、最近では配当の目標として使われることもあるので、どういった指標なのか気になるという人も多いのではないでしょうか?純資産配当率とは、その名の通り純資産に占める配当の比率のことを指します。その計算式は下記の通り。純資産配当率(%)=配当÷純資産×100といいたいと...

≫続きを読む

フリーキャッシュフローとは?

企業の実力を見る指標の一つにフリーキャッシュフローというものがあります。このフリーキャッシュフローとは、企業が自由に使うことのできるお金のことで、企業の実力が現れます。このフリーキャッシュフローですが、どのように計算をするのかと言いますと、キャッシュフロー計算書に載っている営業キャッシュフローを利用...

≫続きを読む

有価証券報告書で確認できること【企業の概況】

有価証券報告書には実に様々な情報が載っていますが、今回は「第一部企業情報」の「第1企業の概況」に記載されている内容とその見方について書いていきます。第一部 企業情報第1 企業の概況1 主要な経営指標等の推移2 沿革3 事業の内容4 関係会社の状況5 従業員の状況1 主要な経営指標等の推移企業分析をす...

≫続きを読む

有価証券報告書で確認できること【事業の状況】

有価証券報告書には実に様々な情報が載っていますが、今回は「第一部企業情報」の「第2事業の状況」に記載されている内容とその見方について書いていきます。第一部 企業情報第2 事業の状況1 業績等の概要2 生産、受注及び販売の状況3 対処すべき課題4 事業等のリスク5 経営上の重要な契約等6 研究開発活動...

≫続きを読む

有価証券報告書で確認できること【設備の状況】

有価証券報告書には実に様々な情報が載っていますが、今回は「第一部企業情報」の「第3設備の状況」に記載されている内容とその見方について書いていきます。第一部 企業情報第3 設備の状況1 設備投資等の概要2 主要な設備の状況3 設備の新設、除去等の計画1 設備投資等の概要出店計画や、どのような設備を増や...

≫続きを読む

有価証券報告書で確認できること【提出会社の状況】

有価証券報告書には実に様々な情報が載っていますが、今回は「第一部企業情報」の「第4提出会社の状況」に記載されている内容とその見方について書いていきます。第一部 企業情報第4 提出会社の状況1 株式等の状況2 自己株式の取得等の状況3 配当政策4 株価の推移5 役員の状況6 コーポレート・ガバナンスの...

≫続きを読む

有価証券報告書で確認できること【経理の状況】

有価証券報告書には実に様々な情報が載っていますが、今回は「第一部企業情報」の「第5経理の状況」に記載されている内容とその見方について書いていきます。第一部 企業情報第5 経理の状況1 財務諸表等(1) 財務諸表(2) 主な資産および負債の内容(3) その他1 財務諸表等まず初めに財務諸表の作成方法や...

≫続きを読む

売上高対営業利益率で利益を出せる体質か推察する

売上高対営業利益率とは読んで字のごとく、売上高に占める営業利益の割合のことを言います。その計算式は下記の通り。売上高対営業利益率(%)=営業利益÷売上高×100営業利益は損益計算書というものに記載されているのですが、実際に企業の損益計算書を見てみましょう。売上高対営業利益率で利益を出せる体質か推察す...

≫続きを読む

【長期投資家向け】財務諸表の構成で押さえておきたいポイント

長期投資家にとって企業業績を確認するという作業はとっても大切です。そのためには財務諸表と言うものをある程度読めるようにしておく必要があります。そこで本記事では、財務諸表とはどういったものなのか、またその構成についてご紹介します。財務諸表を構成する3つの要素財務諸表は『貸借対照表(バランスシート)』、...

≫続きを読む

最低限押さえておきたい!貸借対照表(バランスシート)の読み方の基本

財務諸表を構成する3要素のうちの一つが貸借対照表(バランスシート)です。バランスシートとは、企業の財務状況を一覧にしたもので、家計で例えると下記のようなグラフとなります。左側が資産で、右側の上部が負債、右側の株が純資産です。資産と負債もう少し詳しく見ていきますと、左側の資産は換金しやすい流動性資産と...

≫続きを読む

最低限押さえておきたい!損益計算書の読み方の基本

財務諸表を構成する3要素のうちの一つが損益計算書です。損益計算書とは、会社の収益構造を表したものです。本記事では損益計算書の見方についてご紹介します。損益計算書ってこんなものこれはハイデイ日高の平成26年2月期決算短信です。ちなみに、決算短信の1ページ目に大雑把なものも乗っており、私はだいたいそのペ...

≫続きを読む

最低限押さえておきたい!キャッシュフロー計算書の読み方の基本

財務諸表を構成する3要素のうちの一つがキャッシュフロー計算書です。キャッシュフロー計算書とは、会社のお金の動きを知るためのものです。実際のキャッシュフロー計算書を見てみようこれはハイデイ日高の平成26年2月期の決算短信です。キャッシュフロー計算書は、3つのキャッシュフローで構成されています。営業キャ...

≫続きを読む

長期投資で使う投資指標の基本

株式投資には短期投資であったり中期投資、長期投資などのほかにも、権利付き日に向かって株価が上昇しやすいといった特性などを利用したイベントドリブン投資など実に様々なスタイルがあります。どれがいい投資スタイルなのかは一概にいうことはできませんが、当サイトでは配当であったり株主優待と言ったインカムゲインを...

≫続きを読む

粉飾決算の見分け方・見破るために押さえておきたいポイント

粉飾決算って恐ろしいですよね。私たち投資家が見る決算書は監査法人がしっかりチェックしたもので、事前に厳しい審査を受けています。だからこそ、財務分析の専門家ではない投資家もその数値を信用して売買できるわけです。でも、中にはいろいろな工作を行って粉飾決算を行い、いい数字に仕立て上げたうえ、監査法人のチェ...

≫続きを読む


トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて