純資産配当率とは?計算式とその考え方


純資産配当率とは?計算式とその考え方

 

純資産配当率(DOE)と言う指標ですが、最近では配当の目標として使われることもあるので、どういった指標なのか気になるという人も多いのではないでしょうか?

 

純資産配当率とは、その名の通り純資産に占める配当の比率のことを指します。その計算式は下記の通り。

 

純資産配当率(%)=配当÷純資産×100

 

といいたいところですが、実はちょっと違うんですよね。本当の計算式は下記の通りです。

 

純資産配当率(%)=配当÷自己資本×100

 

純資産配当比率と言ってはいますが、分母には自己資本が使われます。

 

※ 自己資本は、会社の総資産から負債を差し引いた金額のこと

 

⇒ 株主資本、自己資本、純資産の違いについてはこちら

 

またその他に、配当性向×自己資本利益率(ROE)でも計算することが可能です。

 

純資産配当率(%)=(配当金÷純利益)×(純利益÷自己資本)×100=配当金÷自己資本×100

 

⇒ 配当性向の計算式とその考え方についてはこちら

 

純資産配当率の意味

 

純資産とは会社の自己資本(返さなくていいお金)のことで、この指標からは会社のお金のうちどれだけが配当に回っているのかを知ることができます。

 

配当性向が損益計算書の面から配当を評価する指標なのに対し、純資産配当率は貸借対照表(バランスシート)の面から、どの程度株主還元に回されているのかを評価する指標です。

 

なお、純資産配当比率は他に株主資本配当率と呼ばれたりもします。

 

純資産配当率とのつきあい方

 

純資産配当率が大きければ大きいほど株主還元に積極的と言うことができます。ただし、基本的に配当と言うのは稼いだ分を今後の成長への投資分などと相談しながら決められるものです。

 

また、数値が高ければいいとも言えません。それに、純資産の内からいくら配当が出ているのかを投資判断の材料とするのは違和感があるとも言えます。

 

そこで私が重視しているのは配当性向です。配当性向は、その企業が稼ぎの内からどれだけ配当に回しているのかを知ることができるので重宝しています。


スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

ファンダメンタルズとは?
ファンダメンタルズとは?
収益から見た割安度|PER
収益から見た割安度|PER
資産から見た割安度|PBR
資産から見た割安度|PBR
業種別PER・PBRの調べ方
業種別PER・PBRの調べ方
個別株のPERの時系列データ・推移の調べ方
個別株のPERの時系列データ・推移の調べ方
ROEとROAの違いは?計算式とその考え方
ROEとROAは似ている指標であり、どっちがどっちか混乱することもあるでしょう。そこで、ROEとROAの計算式を元にその違いや、扱い方についてご紹介します。
EV/EBITDA倍率の計算式とその考え方
EV/EBITDA倍率は、株式投資で企業分析を行う際に有用な指標です。ただ、ややわかりづらい部分があるので、本記事ではEV/EBITDA倍率の計算式とその考え方についてご紹介します。
株価キャッシュフロー倍率(PCFR) とは?
株価キャッシュフロー倍率(PCFR) とは?
ROIC(投下資本利益率)とは?ROICの計算式とその目安・考え方
ROIC(投下資本利益率)とはどのようなことを知るための指標なのか解説しています。
PEGレシオとは?計算式とその考え方
投資指標の一つであるPEGレシオについて解説しています。
PSR(株価売上高倍率)とは?計算式とその考え方
PSR(株価売上高倍率)とは?計算式とその考え方
年平均成長率(CAGR)とは?計算式とその考え方
年平均成長率(CAGR)とは?計算式とその考え方
配当利回りとは?配当利回りの計算式とその目安・考え方
配当利回りとは?配当利回りの計算式とその目安・考え方
配当性向とは?配当性向の計算式とその目安・考え方
配当性向とはどういった指標なのか?計算式からどういった指標なのかを解説。また、配当性向の目安、どういった考え方で利用すれば良いのかをご紹介します。
配当性向の平均はどれくらい?
配当性向の平均はどれくらい?ここでは、配当性向の市場平均の計算方法について解説しています。
フリーキャッシュフローとは?
フリーキャッシュフローとは?
有価証券報告書で確認できること【企業の概況】
有価証券報告書で確認できること【企業の概況】
有価証券報告書で確認できること【事業の状況】
有価証券報告書で確認できること【事業の状況】
有価証券報告書で確認できること【設備の状況】
有価証券報告書で確認できること【設備の状況】
有価証券報告書で確認できること【提出会社の状況】
有価証券報告書で確認できること【提出会社の状況】
有価証券報告書で確認できること【経理の状況】
有価証券報告書で確認できること【経理の状況】
売上高対営業利益率で利益を出せる体質か推察する
売上高対営業利益率で利益を出せる体質か推察する
【長期投資家向け】財務諸表の構成で押さえておきたいポイント
【長期投資家向け】財務諸表の構成で押さえておきたいポイント
最低限押さえておきたい!貸借対照表(バランスシート)の読み方の基本
最低限押さえておきたい!貸借対照表(バランスシート)の読み方の基本
最低限押さえておきたい!損益計算書の読み方の基本
最低限押さえておきたい!損益計算書の読み方の基本
最低限押さえておきたい!キャッシュフロー計算書の読み方の基本
最低限押さえておきたい!キャッシュフロー計算書の読み方の基本
長期投資で使う投資指標の基本
長期投資で使う投資指標について解説します。
粉飾決算の見分け方・見破るために押さえておきたいポイント
粉飾決算の見分け方・見破るために押さえておきたいポイント

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて