売上高対営業利益率で利益を出せる体質か推察する


売上高対営業利益率で利益を出せる体質か推察する

 

売上高対営業利益率とは読んで字のごとく、売上高に占める営業利益の割合のことを言います。その計算式は下記の通り。

 

売上高対営業利益率(%)=営業利益÷売上高×100

 

営業利益は損益計算書というものに記載されているのですが、実際に企業の損益計算書を見てみましょう。

 

売上高対営業利益率で利益を出せる体質か推察する

 

売上高対営業利益率で利益を出せる体質か推察する

 

上記からもわかる通り、営業利益は売上高から諸費用を引くことにより計算されます。

 

@ 売上高−売上原価=売上総利益

 

A 売上総利益−販売費及び一般管理費=営業利益

 

詳細を見ていきますと、一般的に売上高は代金の授受にかかわらず商品などが提供された時点で計上されます。

 

また、売上原価は売れたものに対する原価のことであり、例えば100円で100個作った場合の1個当たり原価は1円で、1個売れた時の売上原価は1円となる点には注意が必要です。

 

また販売費及び一般管理費ですが、販管費と呼ばれることもあります。この項目は販売費と一般管理費に分解することができるのですが、販売費は広告宣伝費など販売するための費用、一般管理費は通常業務を行うための費用(人件費や家賃光熱費など)となります。

 

これが営業利益を計算するための概要です。

 

売上高対営業利益率を投資にどのように生かせばいいの?

 

この指標は過去数年分を比較してみること、またほかの会社と比較してみることが大切です。

 

売上高対営業利益率が改善してきているのであれば、コストコントロールがうまくいっていることが示唆され、仮に悪化していればコストコントロールがうまくいっていないことが推察されます。

 

また、同業他社と比較して営業利益率が高いようであれば、競争力が高い企業ということもできそうです。その際、どの部分が改善され営業利益率が伸びているのかを考察することで、その企業に何が起きているのかを推察することができます。

 

例えば一般管理費があまり伸びていない、または減少しているのであればリストラを実行して人件費を減らしているのかな?と言うことなどが考えられます。

 

基本的に、売上高対営業利益率が改善すればその分利益として残る額も増加することから、改善傾向を示している企業を選ぶことが重要です。ここで、売上高対営業利益率が改善され、増益を達成している企業の例を見てみましょう。

 

売上高対営業利益率で利益を出せる体質か推察する

 

どうでしょうか?売上高こそ伸び率が物足りないですが、利益の成長率(複利ベース)は2桁、また配当も同様の伸び率となっています。

 

このような観点から企業業績の動向を確認することで、収益を上げられる体質なのか、またはそうなるのかなどを知ることができます。


スポンサードリンク




関連コンテンツ


関連ページ

ファンダメンタルズとは?
ファンダメンタルズとは?
収益から見た割安度|PER
収益から見た割安度|PER
資産から見た割安度|PBR
資産から見た割安度|PBR
業種別PER・PBRの調べ方
業種別PER・PBRの調べ方
個別株のPERの時系列データ・推移の調べ方
個別株のPERの時系列データ・推移の調べ方
ROEとROAの違いは?計算式とその考え方
ROEとROAは似ている指標であり、どっちがどっちか混乱することもあるでしょう。そこで、ROEとROAの計算式を元にその違いや、扱い方についてご紹介します。
EV/EBITDA倍率の計算式とその考え方
EV/EBITDA倍率は、株式投資で企業分析を行う際に有用な指標です。ただ、ややわかりづらい部分があるので、本記事ではEV/EBITDA倍率の計算式とその考え方についてご紹介します。
株価キャッシュフロー倍率(PCFR) とは?
株価キャッシュフロー倍率(PCFR) とは?
ROIC(投下資本利益率)とは?ROICの計算式とその目安・考え方
ROIC(投下資本利益率)とはどのようなことを知るための指標なのか解説しています。
PEGレシオとは?計算式とその考え方
投資指標の一つであるPEGレシオについて解説しています。
PSR(株価売上高倍率)とは?計算式とその考え方
PSR(株価売上高倍率)とは?計算式とその考え方
年平均成長率(CAGR)とは?計算式とその考え方
年平均成長率(CAGR)とは?計算式とその考え方
配当利回りとは?配当利回りの計算式とその目安・考え方
配当利回りとは?配当利回りの計算式とその目安・考え方
配当性向とは?配当性向の計算式とその目安・考え方
配当性向とはどういった指標なのか?計算式からどういった指標なのかを解説。また、配当性向の目安、どういった考え方で利用すれば良いのかをご紹介します。
配当性向の平均はどれくらい?
配当性向の平均はどれくらい?ここでは、配当性向の市場平均の計算方法について解説しています。
純資産配当率とは?計算式とその考え方
純資産配当率とは?計算式とその考え方
フリーキャッシュフローとは?
フリーキャッシュフローとは?
有価証券報告書で確認できること【企業の概況】
有価証券報告書で確認できること【企業の概況】
有価証券報告書で確認できること【事業の状況】
有価証券報告書で確認できること【事業の状況】
有価証券報告書で確認できること【設備の状況】
有価証券報告書で確認できること【設備の状況】
有価証券報告書で確認できること【提出会社の状況】
有価証券報告書で確認できること【提出会社の状況】
有価証券報告書で確認できること【経理の状況】
有価証券報告書で確認できること【経理の状況】
【長期投資家向け】財務諸表の構成で押さえておきたいポイント
【長期投資家向け】財務諸表の構成で押さえておきたいポイント
最低限押さえておきたい!貸借対照表(バランスシート)の読み方の基本
最低限押さえておきたい!貸借対照表(バランスシート)の読み方の基本
最低限押さえておきたい!損益計算書の読み方の基本
最低限押さえておきたい!損益計算書の読み方の基本
最低限押さえておきたい!キャッシュフロー計算書の読み方の基本
最低限押さえておきたい!キャッシュフロー計算書の読み方の基本
長期投資で使う投資指標の基本
長期投資で使う投資指標について解説します。
粉飾決算の見分け方・見破るために押さえておきたいポイント
粉飾決算の見分け方・見破るために押さえておきたいポイント

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて