バランスシートを作成して家計分析


バランスシートを作成して家計分析

資産運用を始める前準備としてまずするべきことは、自分の資産状況を把握するということです。

 

特に、預金口座を複数持っている人や、小口の借金などが多くあり、資産状況が把握し切れていない場合、まずはバランスシートの作成を行いましょう。ちなみにバランスシートは別名貸借対照表とも呼びます。

 

⇒ 貸借対照表(バランスシート)の読み方

 

下記の図を参考にエクセルや手書きで作ってみてください。そして、現時点で資産構成などに無理があるのかないのか確認してみてください。

 

<個人簡易バランスシート>

 

バランスシートを作成して家計分析

※金融資産は、換金が容易なもの。預貯金のほか株式(実際はやや換金に時間がかかりますが)などのことです。

 

※実物資産は、例えば持家や土地、車などで換金に比較的時間がかかるもの。一応貴金属もこちらの分類としていますが、金融資産に分類しても構わないと思います。

 

※重要なことですが、資産額は換金後に実際手にする金額を記載してください。例えば株式の含み益が100万円ある場合、税引き後の価格を記録するということです。

 

※負債は短期と長期に分けましょう。

 

※純資産は、資産の部合計から負債の合計金額を引いた金額。

なお生命保険については、現時点で得ることができる金額(解約返戻金)を記載しましょう。

 

また、バランスシートを作成した結果純資産額がマイナスとなった人は、いわゆる債務超過状態で危険な状態と考えられます。今後どのようにその状況を解消していくのか、しっかり検討してください。

 

その他バランスシートを見るポイントとしては、資産の内訳が偏っていないかということや、負債部分が資産に対して大きすぎないかなど、家計全体を見てバランスが取れているかです。

 

ちなみに資産が大きい場合も、住宅部分が大きい+住宅ローンが多い場合、余裕資金がある場合には繰り上げ返済をするなど負債部分を圧縮することで、バランスシートの健全度を上げることができます。

スポンサードリンク

 

関連コンテンツ


関連ページ

アーリーリタイアに必要なのはいくら?
アーリーリタイアに必要なのはいくら必要なのか?ということについて、2つの資金準備方法について検討してみました。
損益計算書で年間収支を把握する
損益計算書で年間収支を把握する
アーリーリタイアを目指す人のためのライフイベント表・キャッシュフロー表作成入門
アーリーリタイアを目指す人のためのライフイベント表・キャッシュフロー表作成入門
支出の種類を意識することが大切
支出の種類を意識することが大切
支出項目の分類を知る
支出項目の分類を知る
国民年金の免除制度とは?
国民年金の免除制度とは?
アーリーリタイアを目指す!資金計画の立て方
アーリーリタイアを目指す場合、しっかりと計画を立てなければいけません。特に資金面では入念に計画を練っておかないと、生活に支障をきたしてしまうケースも出てくることでしょう。そこで、アーリーリタイアにおける資金計画の立て方について解説します。
アーリーリタイア系ブログリンク集
アーリーリタイアをした人のブログ集です。
アーリーリタイア目指している系投資家リンク集
アーリーリタイア目指している系投資家リンク集です。似たような境遇の人、また、目標にしたい人を見つけてアリーリタイアを達成しましょう。
ラットレースから抜け出すために考えたいこと
ラットレースから抜け出すために考えたいこと
支出を削減して投資余力を高める方法
支出を削減して投資余力を高める方法

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて