アーリーリタイアを目指す人のためのライフイベント表・キャッシュフロー表作成入門


アーリーリタイアを目指す人のためのライフイベント表・キャッシュフロー表作成入門

アーリーリタイアするためには、入念な資金計画の作成が欠かせません。

 

そのためには、ライフイベント表とキャッシュフロー表を作成する必要があるので、ここではその作成方法についてご紹介します。

 

ライフイベント表&キャッシュフロー表の例

 

アーリーリタイアを目指す人のためのライフイベント表・キャッシュフロー表作成入門

 

ライフイベント表の書き方

 

ライフイベント表とは、家族の各年齢時点でどのような計画があるのかを一覧にしたもので、ライフプランの骨子です。

 

どのようなことを書くのかと言いますと、例えば子供の大学進学であるとか、車の買い替え時期、海外旅行などの予定です。

 

なお、アーリーリタイアを計画するに当たり、どのようなイベントがこの先待っているのか、また、一か所にとどまらずに各地を転々としたい場合にもその予定を書き込んでみましょう。

 

その他、リタイア時期や、仕事を辞めたら年一回は海外に行きたいといったような、今後どのように過ごしたいのかの希望を書くことで、考えを整理することが大切です。

 

最後に、上記例はキャッシュフロー表と一緒にしていますが、ライフイベント表単体で書いてみるのもいいでしょう。また、ライフイベント表では予算の記入もするのですが、その際の金額は現在価値で記録します。

 

⇒ ライフイベント表の作り方

 

キャッシュフロー表の書き方

 

現在の収入と支出、そしてライフイベントを考慮した将来の資金の動きについて把握するために作成するのがキャッシュフロー表です。

 

記録は通常1月1日〜12月31日で、家族の年齢は年末時点を記入すれば大丈夫です。

 

また、何年先まで作成するかは自由ですが、平均余命などを考慮し作成しましょう。

 

なおキャッシュフロー表に書く金額については、将来価値で記載しましょう。

 

⇒ ライフプラン表の作り方

 

ライフプランの作成はエクセルがいいの?

 

インフレを計算に入れたりするので、ライフプランの作成はエクセルを使うのがいいでしょう。

 

ただ、エクセルで作成する場合多少の知識は必要ですし、どのように作成していくのか枠組みも自分で調べなければいけません。

 

なので、できれば市販されているライフプランの作成ソフトを利用したほうが楽ですし、枠組みもできているので変な方向に進むことはないでしょう。

 

アーリーリタイアのプラン作成

 

アーリーリタイアを目指すうえでまずやるべきことは、資金計画だと考えます。そこで、上記のライフイベント表・キャッシュフロー表を作成することが大切です。

 

何歳まで働き、退職後は貯蓄額がどのように変化していくのか、収入の状況であるとか、社会保険料の変化についても考慮し、ある程度のめどをつけておきましょう。

 

⇒ アーリーリタイアを目指す!資金計画の立て方

スポンサードリンク

 

関連コンテンツ


関連ページ

アーリーリタイアに必要なのはいくら?
アーリーリタイアに必要なのはいくら必要なのか?ということについて、2つの資金準備方法について検討してみました。
バランスシートを作成して家計分析
バランスシートを作成して家計分析
損益計算書で年間収支を把握する
損益計算書で年間収支を把握する
支出の種類を意識することが大切
支出の種類を意識することが大切
支出項目の分類を知る
支出項目の分類を知る
国民年金の免除制度とは?
国民年金の免除制度とは?
アーリーリタイアを目指す!資金計画の立て方
アーリーリタイアを目指す場合、しっかりと計画を立てなければいけません。特に資金面では入念に計画を練っておかないと、生活に支障をきたしてしまうケースも出てくることでしょう。そこで、アーリーリタイアにおける資金計画の立て方について解説します。
アーリーリタイア系ブログリンク集
アーリーリタイアをした人のブログ集です。
アーリーリタイア目指している系投資家リンク集
アーリーリタイア目指している系投資家リンク集です。似たような境遇の人、また、目標にしたい人を見つけてアリーリタイアを達成しましょう。
ラットレースから抜け出すために考えたいこと
ラットレースから抜け出すために考えたいこと
支出を削減して投資余力を高める方法
支出を削減して投資余力を高める方法

トップページ サイトマップ サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて